コンサル業界へリファラル採用で転職!

転職エージェントを使うよりも内定確率&オファー提示年収が確実にアップ。エントリーから内定までを全面サポートしています!

コンサル転職支援サービスへ

PwCコンサルティングは未経験でも内定もらえる?リファラル採用を活用した転職方法

PwCコンサルティングは未経験でも内定もらえる?転職

コンサルティングファームのBig4のうちの一つ、PwCコンサルティングはここ数年でリファラル採用を積極的に活用しています。

業界柄高い平均年収ながら、コンサルティング業界未経験者も積極的に採用しているため、この機会に是非PwCコンサルティングへの転職を検討してみましょう。

リファラル採用について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せて読みましょう。

PwCコンサルティングが未経験者にも内定を出す理由

PwCは未経験者を採用することで、新しい視点やアイデアを取り入れることができると考えています。また、未経験者でも手厚い社内でのトレーニングや研修を行うことで、十分に実力をつけることができるため、中長期的に高い能力を持ったコンサルタントに育成することができるという考えの元、中途未経験者を積極的に採用しています。

実際に、PwCでは「New Aspirant Program」というプログラムを実施しており、未経験者からの採用を行っています。このプログラムでは、入社後に新人研修やオンザジョブトレーニング(OJT)を受けることで、コンサルティングのスキルを身につけることができます。

また、PwCは、多様性を尊重し、幅広いバックグラウンドを持った人材を求めています。そのため、未経験者だからといって、採用されないということはありません。思考力やコミュニケーション能力など、個人の能力を重視して選考を行っています。

PwCコンサルティングのリファラル採用の方法と特徴

PwCのリファラル採用は、既存の社員や顧客、関係者などが、自分が知っている人を推薦し、その人がPwCに入社することで、紹介元にも報酬が支払われるという形式です。

PwCでは、リファラル採用を重視しており、採用に関する情報は社員にも提供し、社員自身が推薦することを促しています。それにより、高い質の人材を獲得することができると考えられています。

また、PwCのリファラル採用は、オンラインプラットフォームを通じて行われるため、推薦者や推薦される候補者がどこにいても、採用プロセスをスムーズに進めることができます。

PwCの現役社員の知り合いに依頼して、PwC社内のリファラルプラットフォームからエントリーしてもらうことでリファラル採用プロセスが始まります。

もしPwCの社員の知り合いがいない場合は、以下の無料サービスを活用してリファラルの応募を請け負ってくれる現役社員と繋がりましょう。

  • 直接知り合いがいなくても、リファラル紹介してくれる現役社員とのマッチングを支援
  • リファラルでの応募で内定率&オファー年収額大幅にアップ
  • 現役コンサル社員による面接対策や年収オファー提示額を高めるためのテクニックも共有
コンサルへのリファラル転職を全面支援!

PwC コンサルティングへの転職を考える際に重視すべき点

コミュニケーション能力

PwCでは、顧客とのコミュニケーションが重視されています。顧客とより良いコミュニケーションをすることで、より良いアドバイスを提供することができるためです。

経験

PwCはビジネスコンサルティング会社であるため、問題解決能力や経験豊富な人材を求めています。転職を考える際には、自分の経験を踏まえて、PwCにどのように貢献できるかを考えることが重要です。

柔軟性

PwCは、顧客のニーズに対応し、柔軟に対応することが求められます。転職を考える際には、自分が柔軟に対応できるかどうかを考えることが重要です。

PwC Japan内のセクションによって転職時に求められるスキルや経験は異なりますが。例えば、アウトソーシングセクションに転職を考える場合、アウトソーシングのプロジェクト経験が必要なことが多いです。 また、面接時には、自分の経験やスキルを活かし、自分がどのようにPwCのチームに貢献できるかをアピールすることが大切です。

PwC コンサルティングへの転職に際してリファラル採用を活用する方法

知人の紹介

PwCに在籍している知人や知り合いに、自分が転職を考えていることを伝え、紹介をお願いすることができます。紹介先は、知人が所属しているセクションや部署です。

C Referの活用

C Referに登録し、まずはどの企業にエントリーするべきか、担当のアドバイザーと無料で相談しましょう。ご自身の転職に関する希望を基に、適切なリファラル採用プロセスをサポートしてもらえます。

リファラル採用は、紹介者がいるとスムーズに選考が進みやすくなります。 しかしながら、候補者自身の能力が重要であるため、応募だけして満足するのではなく、しっかりと面接の対策も行いましょう。

C Referでは、リファラルしてくれる現役社員とのマッチングだけでなく、現役コンサル社員による面接対策サービス等も提供しています。

  • 直接知り合いがいなくても、リファラル紹介してくれる現役社員とのマッチングを支援
  • リファラルでの応募で内定率&オファー年収額大幅にアップ
  • 現役コンサル社員による面接対策や年収オファー提示額を高めるためのテクニックも共有
コンサルへのリファラル転職を全面支援!

PwC コンサルティングへの転職に向けての準備方法

自己分析

PwCで働くために必要なスキルや経験を自己分析し、自分がどのように貢献できるかを考えることが重要です。

キャリアプランニング

PwCでのキャリアアップや、将来のキャリア目標に向けて、自分が何をすべきかを計画しておくことが重要です。

経験を積む

PwCは経験豊富な人材を求めているため、転職を考える際には、経験を積んでおくことが大切です。これはインターンシップやボランティア活動などでも可能です。

業界知識を深める

PwCでは、顧客のニーズに対応するために業界知識が重視されています。転職を考える際には、業界に関する知識を深めることが重視されます。

自分が興味があるセクションを特定し、それに合った経験を積むことが大切です。 また、PwCのコンサルティングは多様な業界に対応するため、業界のニュースやトレンドなどにも注目することも重要です。

面接の参考になる書籍についても紹介しているので、是非確認してください。

リファラル採用をうまく活用し、PwCコンサルティングへの転職を成功させるためのポイント

リファラル採用のタイミング

PwCは採用のタイミングによって、リファラル採用をするかどうかが決まるため、採用情報を常に確認し、適切なタイミングでリファラル採用を行うことが重要です。

推薦者の選定

PwCでは、推薦者が自分と同じセクションや部署に在籍している方が有利であるため、推薦者の選定には注意が必要です。

推薦者とのコミュニケーション

推薦者は自分をアピールすることができるので、推薦者とのコミュニケーションを大切にすることが重要です。

リファラル採用に限らず能力をアピール

リファラル採用によってスムーズに選考が進むことはありますが、最終的には候補者自身の能力が重要であるため、面接時には自分のスキルや経験をアピールすることが重要です。

面接では、リファラル採用による高い内定率に甘んじることなく、自分が入社後どのように貢献できるかをアピールし、スムーズな内定獲得につなげましょう。

タイトルとURLをコピーしました