コンサル業界へリファラル採用で転職!

転職エージェントを使うよりも内定確率&オファー提示年収が確実にアップ。エントリーから内定までを全面サポートしています!

コンサル転職支援サービスへ

アクセンチュアへの転職はリファラルが有利?友人が働いていなくてもリファラルで応募する方法

アクセンチュアへの転職はリファラルが有利?転職

今や国内最大規模のコンサルティングファームとして君臨するアクセンチュアへの転職を目指す方にとって、どのようなルートが最も内定を獲得できる確率が高いのか気になられるところかと思います。

今回は、巷で囁かれる「アクセンチュアへの転職はリファラル採用が有利」という噂について徹底検証していきます。

アクセンチュアにおけるリファラル採用

アクセンチュアにおけるリファラルのシステムは、現職の従業員が新しい従業員を推薦し、その紹介によって入社した従業員に対しての報酬を支払う仕組みです。

具体的には、アクセンチュアの現役社員だけがアクセスできる社内システムから専用のフローにアクセスし、推薦したい人の連絡先など転職に必要な情報を入力することで、推薦を行うことができます。

アクセンチュアへの転職でリファラルが有利とされる理由

既存の従業員のネットワークへの信頼性

既存の従業員のネットワークを活用し、それらの従業員が推薦する候補者のスキルや経験を信頼しやすいと考えています。

企業文化の適合性

アクセンチュアは、企業文化に適合した人材を求めています。従業員が推薦する候補者は、従業員が直接知り合いであるため、企業文化に適合した人材である可能性が高いと考えられます。

採用コストの合理性

リファラル採用によって、中途入社者の紹介料をエージェントではなく紹介してくれた社員に支払うことで、人事目線ではかなり採用コストを抑えられます。これにより、浮いたコストで中途入社者の年収オファー額を少し高く出すことができるようになり、採用できる人数も増えるという良いサイクルが生まれます。

以上のような理由から、アクセンチュアは全社としてリファラルでの採用に注力しています。
アクセンチュアにエントリーしたい転職希望者の方は、エージェントを使うよりも現役社員の方に頼んでリファラルでの応募をすべきなのです。

リファラルでアクセンチュアに応募する方法

リファラルでアクセンチュアに応募する方法としては、アクセンチュアで働いている現在の従業員にあなたを推薦してもらうこととなります。

具体的には、アクセンチュアの現役社員の方に依頼し、その現役社員の方が社内ネットワークから申請を出して人事部に情報を連携される形で応募が進んでいきます。この際、応募者の方の名前や経歴を現役社員の方に共有する必要があります。

アクセンチュアは友人紹介による入社を広く受け入れているため、ご友人がアクセンチュアで働いている場合はそちらの方に依頼するのが最も近道となります。

ただし、友人がアクセンチュアで働いていない場合は、アクセンチュアで働くお知り合いを作るところからスタートしなければなりません。LinkedinやFacebookを活用して、見ず知らずの現役社員の方にアプローチするという方法も取れますが、なかなかなんのきっかけもなくいきなりお近づきになるのも難しい方が大変ではないでしょうか。

そんな方のための、現役コンサル社員と繋がり、リファラル採用での内定獲得までをサポートしてもらえるサービスがあります。無料で内定獲得まで利用可能なので、ふんだんに活用しましょう。

  • リファラル紹介してくれる現役社員を紹介
  • 本サービスから、直接リファラルでの応募が可能
  • 現役コンサル社員による面接対策や年収オファー提示額を高めるためのテクニックも共有
コンサルへのリファラル転職を全面支援!

無事知り合うことさえできれば、紹介した側の社員の方にも紹介報酬が入る仕組みとなっているので、基本的には紹介依頼を断られることはないはずです。

リファラル採用について詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

アクセンチュアへの転職成功のポイント

アクセンチュアの選考プロセスをクリアするために必要なスキルや経験を一定以上持っているか、または面接の中でコンサルタントとしてのポテンシャルを示す必要があります。

また、アクセンチュアの企業文化に適応することも大切です。

アクセンチュアに入社するために求められるスキルや経験

ビジネススキル

アクセンチュアは、クライアント企業に対して戦略立てやビジネスアドバイスを行うことが主な仕事内容であるため、分析力やプレゼンテーションスキル、プロジェクトマネジメントスキルなどのビジネススキルが求められます。

コミュニケーションスキル

アクセンチュアでは、チームワークを重視し、協力し合いながら問題を解決することを求めます。そのため、コミュニケーションスキルが求められます。

柔軟性

アクセンチュアは、ビジネス環境が変化する中でも柔軟に対応することが求められます。

英語力(喋れなくても問題なし)

アクセンチュアはグローバルな視野を持つことを重視し、国際的なビジネスに対応するために英語力を高めることを求めます。ただし、国内案件も豊富にあるため、必ずしも英語がマストとまでは言わないようです。社内でのチャンスを広く得たい場合は、英語が喋れるとより良いといったレベル感です。

専門性(Nice to have)

アクセンチュアは、ビジネスに特化した専門的なスキルを持った人材を求めています。これには、金融、IT、ライフサイエンスなどの業界専門知識のみのこだわらず、何らか強みとなる専門性を持てているとより良いと言えます。もちろん、まだ専門性が確立されていない方でも入社後に専門性をつけていくという方もたくさんいるため、あればよし(Nice to have)程度に捉えておくので問題ないでしょう。

アクセンチュアへの入社を目指す方は、こちらの参考書籍も活用しながら、スキルやマインドの準備をしていきましょう。

アクセンチュアの企業文化

アクセンチュアの企業文化に適応するためには、アクセンチュアのミッションやビジョン、価値観を理解することが重要です。
アクセンチュアは、高いプロフェッショナルスキルとチームワークを持っている人材を求めています。
また、グローバルな視野を持ち、ビジネスにおいて柔軟性を持って対応できる人材を求めています。

社員の声から見るアクセンチュア

やりたい!と手を挙げると、
周りのみんながそのやる気を応援してくれる

社員一人ひとりの声を聞き、改善していくために、社員へアンケートをとっています。「私にとってのアクセンチュアとは?」という設問への回答の中で、特に出現頻度の高かったワードの中にはいつも「成長」「試せる」があります。アクセンチュアにある「出る杭は伸ばす」カルチャーが、恐れずにトライすることを促し、社員の成長につながっています。

アクセンチュアのカルチャー

年表から見るアクセンチュア

会社全体も社内制度も、フレキシブルに変化を続ける

社会の変化に応じて、会社全体がフレキシブルに変化し続けるアクセンチュア。特に働き方改革以来、離職率は低下し、2015年ー2018年の3年間で社員数は倍増しました。会社制度の歴史に、変革へのスピリットが表れています。

アクセンチュアのカルチャー

その他コンサルティングファームのリファラル

アクセンチュアでは、公式HPの中でにリファラル採用の重視を公言しています。

このアクセンチュアに限らず、今やどのコンサルティングファームでもリファラルでの採用に力を入れています。優秀な人材を多く獲得したいコンサルティングファームにとって、リファラルでの採用は、人事部と応募者との両社がWin-Winとなる素晴らしい仕組みのため、各ファームこぞってこの仕組みを採用しています。

もし、アクセンチュア以外にも広くコンサルティングファームへの転職をご検討されている場合は、是非一度弊社のサービスからお問い合わせをしてみてください。アクセンチュアを含め、デロイト、PwCなど各ファームの現役社員のご紹介(リファラル採用窓口のご紹介)から、包括的な内定サポートまでを提供しています。

また、ご自身のやりたいことに対して、数あるコンサルティングファームのうちどこが最も合っていてどこに入社すべきなのかなど、様々な転職に関する不安についてコンサル出身のアドバイザーが丁寧にアドバイスしております。

まずは以下リンクからサービスに登録して、お気軽にご質問ください。

タイトルとURLをコピーしました