コンサル業界へリファラル採用で転職!

転職エージェントを使うよりも内定確率&オファー提示年収が確実にアップ。エントリーから内定までを全面サポートしています!

コンサル転職支援サービスへ

コンサル転職を成功させる、リファラル採用の活用!エージェントを介さないメリットとデメリット

コンサル転職を成功させるリファラル採用の活用転職

「リファラル採用」について「知りたい」「気になる」と考えている人は多いのではないでしょうか。

この記事では「リファラル採用(特にコンサルティング業界)」について、くわしく解説していきたいと思います。

↓コンサル各社の個別リファラル事情については以下記事もご参考としてください。

リファラル採用とは何か?

リファラル採用とは、企業が自社の社員に対して、募集をかけている求人にマッチする知人や友人を紹介してもらい採用する手法です。これは、社員が企業の社風や価値観を理解しているため、自分が知っている人物を紹介することで、企業と応募者の間で起こる採用のミスマッチを少なくし、定着率を高めることができると考えられます。

例えば、ある企業が新しいエンジニアを採用しようと募集をしているとします。その企業の社員の中には、大学時代に同じ学科を専攻していた人や、プログラミングを学んでいる人、あるいはそのような経験を持たないが、自分が知っている人がエンジニアに興味を持っていると聞いた人がいるかもしれません。このように、社員が知っている人物を紹介することで、企業はエンジニアを採用することができます。

一部の企業では、紹介した人物が採用された場合に、インセンティブを与えることもあります。例えば、紹介した人物が採用された場合に、社員にお金や特別な休暇を与えるといったものです。これは、社員がより積極的に人材の紹介を行うようにするためのものです。

企業がリファラル採用を実施する背景や動機

リファラル採用を実施する背景や動機は、様々です。

ひとつの理由として、人材市場が完全に売り手市場になっていることがあげられます。つまり、人材が不足している業界では、企業は人材を獲得することが困難になることがあります。そのため、企業は自社の社員から人材の紹介を受けることで、人材を獲得することができると考えることがあります。

また、リファラル採用を実施することで、社員のモチベーションを高めることができるというのも動機のひとつです。社員が知人や友人を紹介することで、自分が人材の配置に貢献できると感じるためです。そのため、社員はより積極的に人材の紹介を行うようになり、企業は人材を獲得することができると考えられます。

さらに、リファラル採用を実施することで、企業文化や価値観を理解している人材を獲得することができるというのも動機のひとつです。社員が知人や友人を紹介することで、その人物は社員が企業文化や価値観を理解していることが前提になるためです。そのため、企業はリファラル採用を実施することで、定着率が高い人材を獲得することができると考えられます。

  • 直接知り合いがいなくても、リファラル紹介してくれる現役社員とのマッチングを支援
  • リファラルでの応募で内定率&オファー年収額大幅にアップ
  • 現役コンサル社員による面接対策や年収オファー提示額を高めるためのテクニックも共有
コンサルへのリファラル転職を全面支援!

リファラルでのコンサル業界への転職がおすすめな理由

リファラル採用を積極的に活用している業界として、一番に挙げられるのがコンサルティング業界です。コンサル業界への転職を勧める理由を簡単に解説しておきます。

汎用的ビジネススキルの獲得

コンサル業界では高いスキルを求められます。そのため、働く上で自分のスキルを磨くことができます。また、業界を転々とすることで、幅広い知識やスキルを身に付けることができるため、自身のキャリアアップにつながるでしょう。

幅広い業界における経験値の獲得

コンサル業界では、様々な業界や業種の企業で働くことができます。そのため、自分が興味を持つ業界や業種で働くことができるため、自身のキャリアアップにつながりやすいでしょう。

高い給与水準

コンサル業界では、他業界に比べて高い給与水準が得られます。働く上でのモチベーションを維持するために非常に重要な給料の部分で満足感を得ながら働けることは、精神的なヘルスケアにもつながります。

リファラル採用のメリット

転職する人がリファラル採用を活用することで得られるメリットは様々です。

良い求人・ポジションを見つけやすい

リファラル採用の活用により、知人や友人を通じて企業で募集されている求人情報を知ることができるようになります。場合によっては、リファラルでの応募者を優先的に採用する企業やリファラル採用限定で公開されている求人なども存在しています。

これにより、転職希望者はより自分に合った求人を見つけることができるようになります。

友人づてに詳しく企業について知った上で入社できる

また、リファラル採用を活用することで自分に合った企業を見つけることができるというのもメリットです。知人や友人から詳しく企業について聞くことができるため、企業文化や価値観を深い部分まで理解しやすく、入社後のミスマッチを防ぎやすい点は非常に優れています。

転職エージェントなどもその企業についてリサーチした情報を詳ししく教えてくれますが、これよりもより「中の人」視点で企業について知ることができるため

内定までが早い

リファラルで応募することで、本来よりも早い段階で企業と面談をすることができる可能性が高まります。通常、企業は求人を募集した後に、応募してきた求職者の中から選考を進めることが一般的です。しかし、リファラル採用を活用することで、書類選考を無条件でスキップできたり、エージェントを介した日程調整など余計な手間が省かれたりして求職者は本来よりも早い段階で企業と面談をすることができるというメリットがあります。

通常2~3か月程度内定までかかるところを、その半分程度のスピードで内定までこぎつけるケースが多いようです。

転職エージェントを介す必要がなくなる

転職希望者にとって、リファラルでの直接採用の方が優れている理由として、転職エージェントを活用するよりも、転職先の企業との直接のやり取りができるため、転職についての不明点や疑問点をすぐに解決することができるという点が挙げられます。

また、リファラルでの直接採用の方が優れている理由として、転職エージェントを活用するよりも、転職先の企業との直接のやりとりで内定までこぎつけることで、もらえるオファー年収の提示額が高くなりやすいです。(特にコンサルティング業界ではこの傾向が非常に強いです。)

さらに言えば、転職先の企業との直接のやり取りを持つことで、転職先の企業で働く上での信頼関係が早期に構築できるという点もメリットとして挙げられます。

コンサル転職においてエージェントを活用しない方がよい理由

転職エージェントを活用することで、転職エージェントに対して支払われるフィー(報酬)の分だけ、転職者が受け取れる年収が下がってしまう可能性があります。企業目線では転職エージェントへの報酬も含めて採用コストとして捉えているので、これをカットできることが望ましく、転職エージェントを挟まずに直接人事部とやり取りをして内定まで進めるリファラル採用が人事部視点では最もベストな選択肢なのです。

企業側からすると、転職エージェントに支払う報酬よりも、リファラル採用を通じて採用する際にかかるコストのほうが安く、特に多く人を採りたいコンサルティング業界などではリファラル採用が重要視される傾向が非常に強いです。

逆に、企業によってはリファラル採用によって浮いた分のコストを転職者に還元する場合もあります。例えば、入社祝い一時金を出したり、初年度の年収に特別ボーナスを含めた契約書を出してくれたりと、バリエーションも多岐に渡ります。

コンサル業界への転職を目指すのであれば、先ずエージェントに依頼するのではなく、コンサル業界で働いている知人・友人にリファラル採用がないか聞いてみるべきでしょう。

また、転職エージェントに登録だけしておいて、コンサル業界以外はエージェントを活用して受け、コンサル業界はリファラルで受ける、という使い分けをしていくのも一つ良いオプションです。

リファラルでのエントリーで内定確率を上げた後は、しっかりと自己研鑽して実力も身につけましょう。

リファラル採用のデメリット

リファラル採用には、いくつかのデメリットがあります。

ひとつの理由として、リファラル採用を採用することで、ダイバーシティ(多様性)を損なうことがあげられます。つまり、企業の社員が知人や友人を紹介することで、企業は同じような人材を獲得することになり、多様性が損なわれることがあるということです。

例えば、ある企業の社員が、自分が同じ大学の出身者である人物を紹介することで、企業は同じ大学の出身者を多く採用することになるということです。このような場合、企業は他の大学の出身者や異なる年齢層や性別を持つ人材を採用することができず、多様性が損なわれることになります。

また、リファラル採用を採用することで、偏向が生じることもあります。つまり、企業の社員が知人や友人を紹介することで、企業はその社員が偏っているように見えることになるということです。

とはいえ、転職者目線では正直あまり気にすることではなく、企業側もこれを分かったうえでメリットの方が大きいためリファラル採用を実施しているので特に問題はないと言えるでしょう。

リファラル採用を成功させるためのコツ

リファラル採用での転職を成功させるためのコツとして、以下のようなものがあります。

コンサル業界で働く社員とのコネクション

転職を希望する方は、志望する企業で働いている社員と関係を築くことで、リファラル採用に応募できるようになります。既にご友人の中に志望企業で働いている方がいる場合はその方に頼んでみるというのが最も早いルートです。

もしそういったご友人がいない場合や、ご友人が働く企業以外の同業他社もリファラルで受けてみたいという場合は、新たにコネクションを作る必要があります。

コンサル業界社員との蜜なコミュニケーション

また、リファラル採用での転職を成功させるためには、転職目的を明確にすることが重要です。例えば、転職を希望する求職者は、転職後のキャリアアップやスキルアップを目的としていることを企業の社員に伝え、うまく企業の人事部にその旨を連携してもらう必要があります。

  • リファラル紹介してくれる現役社員を紹介
  • 現役コンサル社員による面接対策
  • 年収オファー額を高めるテクニック
コンサルへのリファラル転職を全面支援!

リファラルでの転職を行う際の注意点

リファラルでの応募ができたとしても、必ずしも内定をもらえるというわけではありません。ある程度の優遇は受けられるとしても、しっかりと対策をしておく必要があります。

自分が紹介される前に採用企業についての知識を積んでおくことや、受け入れ先の部署などが求めるスキルなどを細かく理解しておくことは大前提に、受ける企業によってはケース対策が必要になったり、ある程度の面接慣れが求められます。

リファラル紹介してくれる現役社員とのマッチングや、面接前の総合的なサポートを受けられるサービスをお求めの方は是非以下からお問い合わせしてみてください。

「リファラル採用」について解説しました。少しでもお役に立てましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました