ガチでコンサル業界に転職したい人へ

転職エージェントよりも使える情報満載!
転職面接での給与交渉のコツ、業界ホットNEWS...

LINEで詳細を見る

リスクのプロになる!外資系コンサル転職の完全マニュアル | おすすめファームや選考について徹底解説

転職

この記事では、リスクマネジメント領域のコンサルティングにおけるキャリアの魅力について解説します。リスクマネジメントは今後ますます需要が高まる分野であるためキャリアとして大いに注目されています。ただ現時点ではあまり注目されていないため、競合も少なく、将来性が非常に高いのが特徴です。この記事では、この分野の魅力や可能性について詳しく掘り下げていきます。

  • 直接知り合いがいなくてもReferFulが現役社員を紹介してリファラル制度で応募可能!
  • 受かりやすい積極採用中のポジション情報や、給与交渉のコツを伝授!
  • コンサル業界各社の詳細解説資料も配布中!
コンサル内定支援サービスは全て無料です。

リスクマネジメントコンサルティングとは

リスクマネジメントコンサルタントは、企業が経営を行う際に潜むリスクを洗い出し、それらのリスクに対処する支援を業務として行います。その仕事は多岐にわたりますが、主に以下のようなものがあります。

  • 不正行為に対する管理体制の構築や、コンプライアンス対応、リスクの特定・対策の支援
  • BCP(事業継続計画)
  • その他のリスク管理領域

金融リスク管理、企業リスク管理(ERM)、物理セキュリティ、サプライチェーン・リスクマネジメントなど、さまざまな分野でリスクマネジメントが行われます。

リスクマネジメントコンサルティングの魅力は、専門性が長期的な価値を持ち、経営層との関わり合いが多い点にあります。リスク領域の専門性は将来も重要性を保つため、今後大きく需要が高まりキャリアとしての価値が高くなる領域と言えるでしょう

加えて、大手コンサルティングファームや監査法人などでリスクコンサルティングのプロジェクトが多くあり、採用ニーズも高い傾向にあります。経験豊富なリスクコンサルタントは即戦力として求められますが、リスク領域以外の経験を持つ人材も積極的に採用されています

リスクコンサルの仕事は、将来のキャリア選択肢として考える価値があります。

リスクマネジメントの重要性と市場ニーズ

リスクマネジメントの市場は現在、非常に注目され始めている分野です。なぜならば、企業や組織が直面するリスクは多岐にわたり、近年ではそれに対処する必要性が高まっているからです。例として、

  1. デジタル化の進展: デジタル化が進むにつれ、サイバーセキュリティリスクなど新たな脅威が生まれています。企業はこれらのリスクに対応する専門家を必要としています。
  2. 規制の強化: 法律や規制の厳格化が進んでおり、それに伴ってコンプライアンスやリスク管理に対する需要が高まっています。
  3. 企業のグローバル化: グローバルな展開が進む企業は、各国のリスクや規制に対応する必要があります。国際的なリスクマネジメント専門家の需要が増しています。
  4. 持続可能性への関心: 環境や社会に対する影響を最小限に抑えるためのリスク管理や持続可能性への対応が求められています。
  5. 金融リスク管理の必要性: 金融機関や投資家はリスク管理を強化し、安定性を確保する必要があります。
  6. 経営の不確実性への対応: 世界的な不確実性が高まる中、企業はリスクマネジメントを通じて将来の不確実性に対処する必要があります。

これらの要因により、リスクマネジメントに対する需要が高まっており、それに応じた専門家やコンサルティングサービスの需要が拡大しています。企業はリスクを適切に管理し、持続可能な成長を実現するために、リスクマネジメントに対する投資を増やしている現状があります。

リスクコンサルはどういう人におすすめ?

リスクマネジメントの領域は、チャレンジを求める人や問題解決に情熱を持つ人にとって魅力的なキャリアの一つです。特に、次のような志向をお持ちの方にはおすすめです。

  1. 問題解決への情熱: 課題を明確にし、解決策を提供することに魅力を感じる方。
  2. 多様なスキルを活かしたい: 数値分析や戦略策定、コミュニケーション能力など、様々なスキルを総合的に活用したい方。
  3. リスクをビジネスチャンスに変えたい: リスクを管理するだけでなく、ビジネスにおける新たな機会や成長の要因と捉えたい方。
  4. 将来のキャリアパスを見据えたい: 中長期的に企業の経営や持続可能な成長に関わるキャリアを築きたい方。

リスクマネジメントは、現場での経験や熟練した専門知識を養いつつ、自身のアイディアや戦略を活かせる分野です。また、他の専門分野や業種から転職する際にも、幅広いバックグラウンドの方が活躍できるポテンシャルを秘めています。

リスクマネジメント領域に強い外資系コンサルティング

リスクマネジメントコンサルタントのポジションを狙うなら、大手コンサルティングファームや監査法人などが良い選択肢です。これらの会社では専門知識や経験を活かした仕事があり、給与面でも魅力的な待遇を提供していることが多いです。

これらの企業は、リスクマネジメントに関連した専門職を求めており、給与面でも競争力があることが多いです。また、業界トップクラスの企業では、キャリアの成長やスキルの磨き方にも注力していることが特徴です。

今回の記事では、その中から3つの企業を紹介します。

PwCコンサルティング

PwCコンサルティングは、世界的な監査法人であり、コンサルティングやアドバイザリー業務も展開しています。リスクマネジメント分野においても、PwCは幅広いサービスを提供しています。

PwCのリスクマネジメント部門では、企業が直面する様々なリスクに関する戦略立案や解決策の提供を行っています。これには、内部統制、コンプライアンス、サイバーセキュリティ、リスクアセスメント、ビジネスコンティニュイティプラン(BCP)などが含まれます。

同社では、リスクマネジメントの専門知識や経験を持つ人材を積極的に採用しており、未経験者に対してもトレーニングや育成プログラムを提供しています。

PwCはグローバルでの展開が強みであり、リスクマネジメント領域でも多くのクライアントにサービスを提供しています。そのため、国内外で幅広い案件に携わることができ、給与や福利厚生も整っていることが特徴です。

KPMGコンサルティング

KPMGコンサルティングも、グローバルな監査法人の一つであり、コンサルティングやアドバイザリー業務を行っています。リスクマネジメントの分野においても、企業のリスク課題に対する支援を行っています。

KPMGのリスクマネジメント部門では、内部統制の強化、リスク評価、コンプライアンスの向上、サイバーセキュリティ対策、事業継続計画の策定など、さまざまなリスクに関するコンサルティングサービスを提供しています。

同社は経験豊富なリスクマネジメントの専門家を採用しており、未経験者にもトレーニングや教育プログラムを提供しています。また、グローバルでのネットワークを活かし、多様な業界やクライアントに対するサービス提供が可能です。

KPMGは高い専門性と幅広いクライアント基盤を持ち、リスクマネジメント領域でのプロジェクトが多くあります。給与や福利厚生も整備されており、キャリアの成長やスキルアップの機会が提供されています。

EY Japan

EY Japanも、国際的な会計およびコンサルティングファームとして、リスクマネジメントにおける専門性を持ったサービスを提供しています。同社のリスクマネジメント部門では、様々な業界や企業規模に対してリスクアセスメント、内部統制の強化、コンプライアンスの支援、サイバーセキュリティ対策、事業継続計画の策定など、包括的なリスク関連のサービスを提供しています。

EY Japanは、リスクマネジメントの専門知識と経験を持つ人材を積極的に採用しています。また、未経験者向けのトレーニングプログラムや教育体制も整っており、リスクマネジメントの分野でキャリアを築きたいと考える人にとって、成長の機会が提供されています。

給与や福利厚生面でも整備された環境があり、グローバルなネットワークを通じて多様な案件に携わることができます。EY Japanは、リスクマネジメント分野においても高い専門性を持ち、多くのクライアント企業に対してサービスを提供しています。

上記のような大手外資系コンサルティングファームへの転職はリファラル(社員紹介制度)での入社が最もおすすめです。

  • 直接知り合いがいなくてもReferFulが現役社員を紹介してリファラル制度で応募可能!
  • 受かりやすい積極採用中のポジション情報や、給与交渉のコツを伝授!
  • コンサル業界各社の詳細解説資料も配布中!
コンサル内定支援サービスは全て無料です。

外資系コンサルティングファームへの転職プロセス

外資系コンサルティングファームへの転職を希望する際には、以下の点に留意すると良いでしょう。

  1. 企業研究: 各外資系コンサルティングファームの特徴や文化、事業内容を理解することが重要です。企業のウェブサイトや報道記事、元社員の声などの情報収集を行いましょう。
  2. 職務経験の整理: 過去の職務経験やスキルを整理し、外資系コンサルティングファームが求める能力や経験とのマッチングを考えます。リーダーシップ、分析能力、コミュニケーション能力などが重視されることが多いです。
  3. 履歴書の作成: 積極性、意欲、適性をアピールするための職務経歴書と、自身の強みや成果を示す履歴書を用意します。
  4. 模擬面接と面接対策: 面接の対策を行い、自己分析や過去の経験をストーリーとして語る能力を高めます。
  5. 専門知識の強化: 業界トレンドやコンサルティング手法、ビジネス理論などについての理解を深め、面接や選考試験で役立つ知識を身につけましょう。
  6. 転職支援サービスの活用: 転職支援サービスを活用して、適切なポジションの紹介や選考対策、書類添削などを受けることで、内定を得る確率を高めることができます。

これらの準備をすることで、外資系コンサルティングファームへの転職における競争力を高めることができます。これらに加えて、弊社の転職支援サービスは、個々のニーズや目標に合わせたサポートを提供し、外資系コンサルティングファームへの転職を成功させるための手助けをしています。ぜひご活用していただきたいです。

外資系コンサルティングファームの選考フロー

一般的なコンサルティングファームの選考フローは以下のようになります。

  1. 書類選考: 履歴書や職務経歴書を提出し、応募者の基本的な情報を審査します。必要な条件を満たしているかどうかを判断するための最初の選考段階です。
  2. Webテスト: 書類選考を通過した場合、Webテストが行われることがあります。これは一般的にコンピテンシーテストや認知テストなど、応募者のスキルや能力を評価するためのテストです。
  3. 面接: 複数回の面接があります。一般的には2~3回の面接が行われ、内容は事前の経歴やスキルの確認、ケース面接(実務に即した問題解決能力を評価する面接)、行動面接(過去の経験から行動や判断力を評価する面接)などが含まれます。
  4. 内定: 面接を経て、最終的に合格者に内定が出されます。内定後は入社に向けた手続きや契約内容の調整が行われます。

これが一般的なコンサルティングファームの選考フローですが、各企業やポジションによって選考フローは異なることがありますので、応募先の募集要項に合わせて準備することが重要です。

外資コンサルへの転職はリファラル採用がオススメ

外資系コンサルティングファームへの転職では、リファラル採用は非常に有効な手段です。リファラル採用とは、現在その企業で働いている知人や元同僚、ネットワークを通じて推薦を受けることで内部紹介を得る方法です。

この方法の利点は、次のとおりです。

  1. 信頼性の確保: 内部からの推薦であるため、応募者の能力や適合度に関する情報が信頼できる場合があります。
  2. 選考プロセスのスピードアップ: 内部からの推薦であるため、選考フローが迅速に進むことがあります。通常よりもスムーズなプロセスが期待できます。
  3. 強力なサポート: リファラル採用では、紹介者が情報提供や面接対策、エントリーシートのアドバイスなど、サポートをしてくれることがあります。

リファラル採用を活用するためには、自分のネットワークを活かすことが大切です。弊社の転職支援サービスのビジネスネットワークを活用し、興味のある会社やポジションについて、現職や元同僚とのつながりを活かしてリファラルを受けることをオススメします。

  • 直接知り合いがいなくてもReferFulが現役社員を紹介してリファラル制度で応募可能!
  • 受かりやすい積極採用中のポジション情報や、給与交渉のコツを伝授!
  • コンサル業界各社の詳細解説資料も配布中!
コンサル内定支援サービスは全て無料です。

リスクマネジメントの未来とキャリアの展望

リスクマネジメントの分野は今後ますます重要性を増すと考えられます。企業がさまざまなリスクにさらされる中で、それらを正確に評価し、適切に対処する能力はますます求められるでしょう。

キャリアの展望としては、次のような可能性があります。

  1. 専門性の需要増加: リスクマネジメントの専門家の需要は高まっており、特にデジタル化やグローバル化が進む中で、データセキュリティやサプライチェーンリスクなど新たな分野での専門知識が求められるでしょう。
  2. 経営戦略との統合: リスクマネジメントは単なるリスク回避の枠組みを超え、経営戦略と密接に関連することが求められます。リスクマネジメント担当者は、ビジネスの戦略的な意思決定においても重要な役割を果たすことになるかもしれません。
  3. 技術との融合: 技術革新によってリスクマネジメントも変化しています。AIや機械学習を活用したリスク予測、ブロックチェーンを用いたセキュリティ強化など、テクノロジーとリスクマネジメントの融合が進むことが予想されます。
  4. グローバルな視野: グローバルなビジネス環境下では、異なる法規制や文化に関するリスクへの対応が必要です。国際的な視野とリスクマネジメントのスキルが求められるでしょう。

リスクマネジメントの専門性を磨き、新たなテクノロジーやビジネスの変化に柔軟に対応できる能力を持つことが、将来的なキャリアの展望を拡げる上で重要です。

リスクマネジメントの業界トレンドと将来性

リスクマネジメントの業界にはいくつかのトレンドと将来性が見込まれます。

  1. デジタル化とサイバーセキュリティの重要性: デジタル化が進む中で、サイバーセキュリティリスクが増大しています。企業はデータ漏洩やサイバー攻撃からの保護を強化するため、サイバーセキュリティに特化したリスクマネジメントが必要とされています。
  2. 持続可能性と環境リスク: 持続可能性への関心が高まり、環境リスクも重視されています。気候変動や自然災害による影響、環境への影響を考慮したリスク管理が求められています。
  3. データの活用と予測分析: ビッグデータやAIの進歩により、データを活用したリスク予測や分析が可能になっています。リアルタイムでのリスク評価や予測分析を行うことが業界のトレンドとなっています。
  4. 規制・コンプライアンスの強化: 世界的に規制が厳格化しており、企業は法令順守とコンプライアンスを強化する必要があります。リスクマネジメントは、これらの法規制への適合を支援する役割を果たします。
  5. 経営戦略との統合: リスクマネジメントは単なるリスク回避だけでなく、ビジネス戦略との統合が求められています。リスクを適切に管理することで、企業の成長戦略をサポートし、リスクをチャンスに転換する力が重要視されています。

将来的にはこれらのトレンドが進展し、リスクマネジメントが企業の経営においてより重要な役割を果たすことが期待されます。これに伴い、リスクマネジメントに関する専門家やコンサルタントの需要も増えると予測されています。

リスクマネジメントコンサルとしての長期的なキャリア

リスクマネジメントコンサルタントとしての長期的なキャリアについて、いくつかのポイントを挙げてみましょう。

  1. 専門性の構築と深化: リスクマネジメント分野での専門性を培うことが大切です。法規制や業界の動向についての知識を深め、リスク管理手法やベストプラクティスを継続的に学び、スキルを向上させましょう。
  2. 業界や領域の幅広い経験: さまざまな業界や領域での経験を積むことがキャリアにプラスになります。特定の業界に特化せず、幅広い分野でリスクマネジメントの知見を広げることが、将来的なキャリアの幅を広げる一助になります。
  3. リーダーシップとマネジメントスキルの習得: プロジェクト管理やリーダーシップスキルを磨き、チームを率いたり、大規模プロジェクトをマネジメントする能力を身につけることが重要です。
  4. 戦略的な思考とビジネス洞察力の獲得: ビジネス戦略とリスクマネジメントの融合を意識し、戦略的なリスクマネジメントを提供できる能力を育てます。リスクをチャンスに変えるための洞察力を培っていくことが必要です。
  5. 業界動向の把握とトレンドへの対応: テクノロジーや規制、市場の変化に対応できるよう、常に業界のトレンドを把握し、最新の知識とスキルを維持し続けることが求められます。
  6. 教育と知識共有: 自身の経験や知識を次世代のリスクマネジメント専門家に伝えることも重要です。セミナーや教育プログラムへの参加、論文執筆など、業界全体の知識共有に貢献することで自己成長にも繋がります。

長期的なキャリアを構築するためには、専門性の向上やリーダーシップ能力の習得、業界の動向を常に意識する姿勢が不可欠です。

まとめ

この記事では、リスクマネジメントコンサルティングの魅力と成長性を説明してきました。業界での専門知識や経験を持つ方には魅力的なキャリアがありますが、未経験者も歓迎される需要の高さも特徴です。外資系コンサルティングへの転職には準備が必要ですが、リファラル採用が成功への近道です。

弊社の転職支援サービスは、経験豊富なアドバイザーや業界のネットワークを駆使して、内定獲得をサポートします。あなたのキャリアを次のステージへと導くための一歩に、ぜひお役立てください。

著者

転職支援メディアReferFul編集部。
コンサルティング業界から、M&A業界・PEファンドへの転職までを無料支援する「ReferFul」を運営。

ReferFulL編集部をフォローする
コンサル以外の転職も支援!
営業経験者におすすめのM&A仲介業界や、 PEファンドへの転職支援も可能!
転職
シェアする
ReferFul
タイトルとURLをコピーしました