未経験からのコンサル転職を成功させる

現役コンサル社員による手厚い転職支援!
オファー額を100万上げる裏技給与交渉術などを惜しみなく紹介中!

限定情報を見る

ストラテジーテックはやばい?評判・年収とコンサル未経験におすすめなのかを検証!

転職

ストラテジーテック・コンサルティングは、2019年に設立された比較的新しいコンサルティングファームです。しかし、設立からわずか数年で急成長を遂げ、業界内で存在感を示しつつあります。

一方で、「ストラテジーテックはやばい」という評判も耳にします。

そこで本記事では、ストラテジーテックの特徴や評判、年収水準を詳しく解説。コンサル未経験者におすすめなのかどうかも検証していきます。ストラテジーテックへの転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

  • 現役社員を紹介してもらえてリファラル制度を使った応募が可能!確実に内定率UP!
  • コンサル未経験者でも積極採用中のポジション情報や、裏技的な給与交渉のコツを伝授!
  • コンサル各社の限定解説資料も配布中!

ストラテジーテックの概要

設立経緯と事業内容

ストラテジーテック・コンサルティングは、2019年11月に設立されたコンサルティングファームです。 戦略コンサルタントとテクノロジースペシャリストを有する「知的専門家集団」として、事業戦略と最新テクノロジーの融合による革新的なコンサルティングサービスを提供しています。

主な事業領域は、経営戦略の立案支援やデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進支援など多岐にわたります。製造業、金融業、通信業界を中心に、各業界のリーディングカンパニーをクライアントに持っています。

企業理念とビジョン

ストラテジーテックは、「経営戦略とデジタルの融合」を掲げ、クライアント企業の変革を支援しています。 スタートアップのようなイノベーションの創出を大企業にも求め、リーンスタートアップからブランドの立ち上げ、新規顧客やマーケットの獲得まで幅広くサポートしています。

また、グローバルな事業継続計画(BCP)の策定支援や、日本企業がグローバル化の中で勝ち続けるための新たな事業戦略の立案にも注力。 戦略とテクノロジーを掛け合わせた独自のコンサルティングで、クライアントの成長を促進する姿勢が特徴的です。

ストラテジーテックの評判

社員の口コミ・評判

ストラテジーテックに在籍する社員からは、「経験の幅、人とのつながり、裁量権がある」といった好意的な口コミが聞かれます。 通常は手がけないような案件にもチャレンジでき、社員同士の結びつきも強いようです。

一方で、「コンサルの質はそこまで高くない」「玉石混交のメンバーが在籍している」といった厳しい指摘も。 急成長ゆえの課題を抱えている部分もあるのかもしれません。

クライアントからの評価

ストラテジーテックは営業力の高さが特徴で、小規模ながら大手企業の案件を多数獲得しています。 

「良い提案をしてくれるベンチャーコンサル」として、クライアントからの評価は上々のようです。

ストラテジーテックの年収

役職別の年収レンジ

ストラテジーテックの年収は、全体的に業界水準よりも高めに設定されています。役職別の年収レンジは以下の通りです。

アナリスト

  • 年収:400万~600万円程度

コンサルタント

  • 年収:600万~900万円程度

シニアコンサルタント

  • 年収:800万~1,100万円程度

マネージャー以上

  • 年収:1,000万~2,000万円以上

同年代のコンサルファームと比べても、100万~300万円ほど年収が高いと言われています。 成果主義の色合いが強く、高いパフォーマンスを発揮すればするほど報酬も上がる仕組みになっているようです。

ストラテジーテックにおける年収の決定要因

評価制度

ストラテジーテックの評価制度は、シンプルな成果主義がベースになっています。プロジェクトの売上や顧客満足度などがダイレクトに評価に反映される仕組みのため、「稼ぐ力」が年収を大きく左右します。

ただし、コンサルタントの評価基準があいまいという指摘も。 求められるスキルや昇進条件が不明確なため、キャリアの方向性を描きづらいのが悩みどころと言えるでしょう。

インセンティブ制度

ストラテジーテックでは、プロジェクトの売上に応じたインセンティブが支給されます。 具体的には、「月給+(アサインされた案件の単価-給与等の経費)×インセンティブ率」で毎月の報酬が計算されます。

高単価の案件を数多くこなせば、年収を大きく伸ばすことが可能です。一方、インセンティブ目当てに休みなく働き続ける必要もあり、ワークライフバランスとのトレードオフになりがち。

 自身のキャパシティとも相談しながら、無理のないペースで案件に取り組むことが大切だと言えます。

ストラテジーテックの強み

DX領域に特化したコンサルティング

ストラテジーテックの最大の強みは、DXの推進に特化したコンサルティングサービスを展開している点です。 デジタル化の必要性が叫ばれる中、DX領域の専門性を武器にクライアントの変革を支援しています。

環境配慮型ソリューション「ContactEARTH」やデジタルイノベーションを加速するプラットフォームの提供など、自社サービスの開発にも注力。 コンサルティングとプロダクト開発の両面から、クライアントのDX推進を後押ししている点が特徴的です。

少数精鋭の組織体制

ストラテジーテックは、少数精鋭の組織体制を敷いています。 ベンチャーならではのスピード感とフットワークの軽さを活かし、クライアントに寄り添った支援を展開。

また、案件に応じてタスクフォースを柔軟に組成できるのも強み。 多様なバックグラウンドを持つメンバーがプロジェクトに参画し、それぞれの専門性を発揮しながら課題解決に当たります。変化の激しい経営環境の中で、臨機応変なコンサルティングを提供できる点は大きなアドバンテージと言えるでしょう。

成長機会の豊富さ

ストラテジーテックでは、コンサルタントの成長機会が非常に豊富です。 プロジェクトを通じて様々な業界知見やスキルを身につけられるのはもちろん、自社サービスの企画・開発に携われる点も魅力。

また、地方創生の取り組みにも注力しており、青森県弘前市のデジタルシティ化を支援するなど、社会課題解決の最前線で力を発揮するチャンスもあります。 多様な経験を積みながら、コンサルタントとしてのキャリアを築いていくことができるでしょう。

ストラテジーテックの課題

知名度の低さ

ストラテジーテックは、業界内での知名度がまだ高くありません。 設立から日が浅いこともあり、大手コンサルファームほどの認知度は獲得できていないのが現状です。

プロジェクトの難易度の高さ

ストラテジーテックが手がけるプロジェクトの中には、難易度の高い案件が少なくありません DXの推進やデジタル化の支援など、クライアントの経営課題に正面から向き合う必要があるためです。

コンサルタントには高度な専門性とプロジェクトマネジメント能力が求められ、強いプレッシャーがかかることも。 タフな仕事が多い分、やりがいは大きいものの、心身ともに負荷の高い環境であることは覚悟が必要です。

コンサル未経験にストラテジーテックはおすすめ?

未経験者の採用実績

ストラテジーテックでは、コンサル未経験者の採用実績も一定数あります 特に、事業会社での業務経験やITスキルを買われ、未経験からコンサルタントに転身するケースが見られます。

ただし、書類選考の段階である程度の専門性は求められるため、全くの未経験者が採用されるケースは少ないと言えます。何らかの強みを持っている方が、未経験からチャレンジしやすい環境だと言えるでしょう。

教育・研修制度

ストラテジーテックでは、充実した教育・研修制度が用意されています。 戦略立案やプロジェクトマネジメントに関する研修はもちろん、デジタル関連のスキル習得を支援する制度も整備。

コンサル未経験者でも、入社後の学びを通じて着実にスキルを身につけていくことができます。アウトプットの質を高めるためのサポート体制は、未経験者にとって心強い存在と言えるでしょう。

キャリアパスの多様性

ストラテジーテックでは、コンサルタントのキャリアパスが非常に多様です。 プロジェクトを通じて様々な業界知見を習得できるのはもちろん、自社サービスの企画・開発や、地方創生の取り組みにも携われます。

コンサルタントとしてのスキルを磨きつつ、将来的には事業会社での経営経験を積むことも可能。 自身の強みを活かしながら、多様なキャリアを描けるのがストラテジーテックの魅力だと言えます。

ただし、コンサル未経験者がいきなりストラテジーテックに転職するのはハードルが高いかもしれません。まずは、コンサルティング業界に特化した転職支援サービス「ReferFul」に登録してみるのがおすすめです。

ReferFulでは、現役コンサルタントとの1on1面談を通じて、コンサルティング業界の実情や転職対策を学ぶことができます。ストラテジーテックを含む様々なファームの情報も得られるため、自身に合ったキャリアを見つける手がかりになるはずです。

  • 現役社員を紹介してもらえてリファラル制度を使った応募が可能!確実に内定率UP!
  • コンサル未経験者でも積極採用中のポジション情報や、裏技的な給与交渉のコツを伝授!
  • コンサル各社の限定解説資料も配布中!

まとめ:ストラテジーテックは「やばい」のか?

評判と年収から見る総合評価

ストラテジーテックは、設立から数年で急成長を遂げたコンサルティングファームです。DX領域に特化したサービス展開や、少数精鋭の組織体制など、他社にはない強みを持っています。

年収水準も高く、成果主義の評価制度やインセンティブ制度により、高いパフォーマンスを発揮すればするほど報酬も上がる仕組みになっています。キャリアアップを目指す方にとっては、魅力的な環境だと言えるでしょう。

一方で、知名度の低さやプロジェクトの難易度の高さ、ワークライフバランスの課題など、克服すべき課題も抱えています。「ストラテジーテックはやばい」という評判の背景には、こうした課題への危惧感があるのかもしれません。

コンサル未経験者におすすめできるポイント

ストラテジーテックは、コンサル未経験者の採用実績も一定数あります。充実した教育・研修制度や、多様なキャリアパスの選択肢があるのは、未経験者にとって大きな魅力だと言えます。

特に、事業会社での業務経験やITスキルに強みを持つ方は、ストラテジーテックでその専門性を活かせる可能性が高いでしょう。コンサルタントとしてのスキルを磨きつつ、将来的には事業会社での経営経験を積むことも可能です。

ただし、全くの未経験者が採用されるケースは少ないため、何らかの専門性は身につけておく必要があります。また、プロジェクトの難易度が高く、強いプレッシャーがかかることも覚悟が必要です。

入社を検討する際の注意点

ストラテジーテックへの入社を検討する際は、以下の点に注意が必要です。

  • 自身の強みを活かせる案件があるか
  • 求められるスキルや経験とのギャップ
  • 評価制度の不明瞭さとキャリアパスの描きづらさ
  • 高い成果主義とワークライフバランスのトレードオフ

これらを踏まえた上で、自身のキャリアビジョンとマッチするかどうかを慎重に見極めることが大切です。

ストラテジーテックに少しでも興味を持った方は、コンサルティング業界に特化した転職支援サービス「ReferFul」への登録がおすすめです。

ReferFulでは、ストラテジーテックを含む様々なコンサルティングファームの情報を得られます。現役コンサルタントとの1on1面談を通じて、業界の実情や転職対策を学べるのも大きな魅力。

自身の強みを活かせる環境を探す上で、ReferFulは心強い味方になってくれるはずです。まずは気軽に登録して、コンサルティング業界の扉を叩いてみてはいかがでしょうか。

  • 現役社員を紹介してもらえてリファラル制度を使った応募が可能!確実に内定率UP!
  • コンサル未経験者でも積極採用中のポジション情報や、裏技的な給与交渉のコツを伝授!
  • コンサル各社の限定解説資料も配布中!
タイトルとURLをコピーしました