外資会社員のトレンド研究所

  1. トレンド

Twitterで話題になり続ける妹尾ユウカがYoutubeチャンネルを始動させた模様

Twitterで日々話題を振りまくコラムニスト妹尾ユウカ(21)がYoutubeチャンネルを開設した模様。

毒舌系ツイートに端を発した、世の中を斬っていくスタイルのコラムやブログ記事が人気を集める妹尾ユウカだが、顔がマイケルジャクソン似ながら爆乳という、内面だけでなく外見までもなにかとSNS映えする特徴をたくさん所持する、よくいうところの「インフルエンサー」だ。

2018年末にハタチの若さでデキ婚を発表し話題となったが、2019年始めに無事第一子を出産しママタレならぬママインフルエンサーとなった。

妊娠中もインスタグラム内の「IGTV」にて精力的に妊娠生活を発信していたが、この度この活動の延長のような形で本格的にYoutube活動を開始したようだ。

動画では主に新婚&生まれたての妹尾ユウカの生活ぶりを見ることができる。

特に派手な動画内容ではないが、動画編集を担当していると見られる配偶者によって見やすい動画に仕上がっている。

現時点では未だ2本の動画が投稿されているにとどまるが、今後も一定の頻度で動画が投稿されていく模様。

 

 

と、ここまでニュース風に妹尾さんのYoutube始動をお伝えしてきたが、ここからはシンプル妹尾ファンである筆者による動画を見ての感想を述べて、まだまだ登録者の少ないチャンネルに少しでも貢献したいと思う。

キレイになってね?

マイケルジャクソンの面影は確実に宿しつつも、子どもを一人産み落としてからと言うもの、弱冠21歳には見えない大人な女性感が出始めている。

そういえば某動画内で整形している様子も映されていたが、これからかけられるお金なども考慮に入れると今後にかけての伸び代さえも感じる。

 

旦那さんいいやつそう&娘かわいい

旦那さんがイケメンだと一部で話題になっていたようだが、そんなことよりすげえいいやつそうな空気感に好感が持てる。

詳しくは存じ上げないが、なにやらアーティスティックな方らしく、妹尾氏が各SNSのヘッダーにしている「I’m just not cute.」ってやつは彼が作成したらしい。

一ファンとしては彼のそう言った仕事にもシンプルに興味が湧くため、是非そのうちYoutubeのネタが切れてきたらスポットライトを当ててみて欲しい。

あと娘さん、というか赤ちゃんが可愛いのは当たり前だが、今後もすくすくと育ち、しばなんチャンネルのぽんす君のようなあざとい成長をしていってくれることを期待したい。

今んとこ「オモシロい」わけではないが・・・

今のところは、幸せな子育ての様子ぐらいしか映像としては伝わって来ないが、妹尾ユウカ本人も既存のファンがそれをそこまで求めているわけではないことぐらい十分に分かっているはずだ。

まだ2本しか動画が上がっていない状態でこんなことを論じるまでもないが、今後の動画でいかにして彼女の毒舌が生かされてくるのか期待がかかる。

 

アンチって見てるだけで疲れる

こういった形でYoutube活動を開始する際に誰もが予想していた「子どもを顔出しで写すなんて親としてナントカカントカ」的なアンチコメント。

まさか本当にそんなベタすぎるアンチコメントしてくるギャグセンの低いアンチなんていないよな?と思いながら動画のコメント欄をサラッとスクロールしたところ、しっかりと沸いていることが確認できた。

きっとこう言う部類の人がエコー写真を上げただけでピーピー言っているのだと思うが、アンチ達もそろそろ自分たちが騒げば騒ぐだけ妹尾氏のトークネタを肥やす、という搾取するものとされるものの構図に気付くべきである。

是非今後も相変わらずアンチの言葉を格好の研ぎ石として斬れ味を磨いていって欲しい。

(もっとも、彼女にとってそんなことは言うまでもないが。)

 

アンチの多い妹尾ユウカだが、たまにはこういった類いのポジキャン記事があってもいいのではないだろうか。

是非順調に登録者を増やし、Youtubeでも影響力を持った妹尾ユウカを見たい。

 

追記

妹尾ユウカさんご本人より、公式アイキャッチ画像を頂いた。

冷静にとても良い写真。

もうアンチとか辞めて普通に応援すれば?

 

トレンドの最近記事

  1. ハイスクールダンジョン、モンスターや出演者、放送枠など最新情報【Abema TV】

  2. チャンネルがーどまんに学ぶ革命の起こし方【大人のソーシャルメディア学】#01

  3. マガジン連載開始【オトナのソーシャルメディア学】#0

  4. フォロワーが多い人の言うことならなんでも称賛しちゃう妄信的信者たちにはもうちょいクリティカ…

  5. レイターズが解散へ。メンバー4名はそれぞれ新たな道へ進むことを動画で発表

関連記事

PAGE TOP