外資会社員のトレンド研究所

  1. トレンド

【大予想】独断と偏見と贔屓目から2019年ネクストブレイクYoutuberを紐解く。

1.本命:カジサック

みなさんご存知のお笑い芸人、キングコングの梶原さんによるYoutubeチャンネル「カジサック」の知名度も今やかなり高いはず。

2019年内に100万人の登録者を獲得できなければ芸能界を引退すると宣言したカジサックだが、10月に初めて2ヶ月で60万人を超え、調子は上々だ。

このまま何かやらかすことさえしなければ、100万人の登録者を獲得することは既定路線と言えるだろう。

かつて100万人行かなければ解散、を宣言しながらまさかの達成できずにその後もだらしなく活動を継続している某オワコングループのような前例も存在するが、カジサックはそういったバカ達とは明らかに違うステージにいる。

芸能人という強みと、それでいながらYoutuberを下に見るわけでもなく全身全霊のリスペクトを示す姿勢は他に無い。

いずれ芸能界の誰かがやらなければならなかった、テレビとYoutubeの融合を第一線で進めるカジサックには引き続き時代の開拓者としての役割を期待したい。

注目ポイント!

もはやグループYoutuber??個性豊か&素敵すぎるカジサックの家族の面々

2019年の大本命として名前が挙がったカジサックだが、動画を見たことがない読者も少なからず存在すると思うので簡単にそのチャンネル独自の魅力を紹介しようと思う。

本動画のサムネからも、その仲睦まじい様子が伺える。

それぞれキャラが立っているばかりか、動画の中からは家族の仲の良さ、そして子どもに対する教育の姿勢を垣間見ることができる。

大人っぽく見える長男でさえまだ小学生だが、子ども達はそれぞれしっかりとしており、謝るべきところは謝るなど親の教育が行き届いている様子が動画内で確認できる。

それもあって家族動画は人気が出るし、これだけの視聴者獲得に繋がっていると分析する。

何れにせよカジサックには、さっさと100万人を突破して次のステージに羽ばたいてもらい、ノンプレッシャーの中常に面白いことに挑戦していってもらいたい。

2.対抗:マシロンケーキ

当メディアイチ推しYoutuberマシロンケーキ氏を完全な贔屓目の元「対抗」に選出。

以前には低更新激レア系Youtuberの一人としてご紹介させていただいた。

彼の特徴は思わず鼻から吐息が漏れ出てしまうような、絶妙な塩加減のファニーさ。

見た目の美しさから女性人気は圧倒的に高いが、新規女性ファンたちはあの絶妙なファニー加減を理解しきった上でマシロン氏を好んでいるのだろうか・・・

未だ一般的な注目度が高いとは言えないが、当メディアは彼の謎すぎるセンスに脱帽、もはや崇拝の域と言っても過言ではない。

ここ最近あまり登録者が増えていないことに対して筆者は誰よりも怒り心頭。

とてもテキストに表せるような一言で語れる「面白さ」ではないため、是非一度動画を見て、あわよくばチャンネル登録まで願いたい。

以下に珠玉のおすすめ動画を貼っておこう。

注目ポイント!

おすすめ動画一覧

一番人気のミリオン動画!海外で流行ったドッキリのマシロンナイズドver.です。
個人的になかなかマシロンみが深い動画。
タイトルのつけ方がすこ。

動画3つも貼っちゃって、わかりやすいマシロン贔屓メディア、、、

当メディアは、これからもマシロンケーキを応援します。

3.単穴:チャンネルがーどまん

前記事で紹介したがーどまんも2019年ブレイク候補に入っていてもおかしくない。

特に最近の急上昇ランキング登場率は目覚ましく、多くの視聴者に存在を認識され始めている段階である。

ただし、この勢いを乗りこなすことができるかはまた別の話である。

特に彼らの動画の基本スタイルである「友達へのドッキリ」が視聴者に飽きられてしまわないかについてはいささか気がかりである。

またがーどまんの本業はラップであり、そこまでYoutubeにこだわる必要性が薄い点も心配だ。

ラップでも大きく結果を残し始めているがーどまんだけに、本業が忙しくなり動画投稿頻度が下がる可能性は有意に考えられる。(とはいえ彼らの動画スタイルは編集工数が極めて低そうなのでなんとかなりそうではあるが)

彼らはこれからこの高い壁に立ち向かうことになりそうだが、なんとか踏ん張ってもらいたいものである。

注目ポイント!

前回記事を是非読んでください。↑↑

4.連下:コウイチTV

知る人ぞ知る職人気質Youtuberポジションの筆頭格だったコウイチTVも、東海オンエアなど大手Youtuberの力もあり今や名前が知られてきている。

東海オンエアの本動画でも、メンバーのとしみつによって紹介されていた

とにかくシュールな世界観を得意とするコウイチTVは、そういった笑いを好む層にはウケがいい一方、ハマらない人にはとことんハマらない。

やはりどう考えても職人気質Youtuberなのである。

マスに受け入れられることには無理がありそうだが、未だ認知していないだけで一回見たらハマる潜在視聴者は多く存在するはずである。

こういったYoutuberに積極的に光を当てる東海オンエアの姿勢には関心である。

おすすめポイント!

とにかくシュールな世界観を持った、“動画”を超えた“作品”たち

上記の東海オンエアの動画内でも紹介されていた動画である。

いろんな日常生活のあるあるだったり、ギリあるあるじゃないけど共感できたり、とにかく言葉では言い表しがたい面白さがあるので興味を持った方は是非一度チャンネルに飛んで見て欲しい。

チャンネルに飛ぶと、ご丁寧にコウイチTV初心者向け動画集のご案内が作成されているため、そこから始めるといいだろう。

5.大穴:だいにぐるーぷ

登録者10万人を超えているにも関わらず、お恥ずかしながら存じ上げなかったグループ系Youtuberがこちらの「だいにぐるーぷ」。

そして今も大して詳しく知らないまま雰囲気で記事を書いている。

しかし、そんなに知らないこの状況下でも2019ブレイクの香りをプンプンさせてくるのだ・・・。

ここでは、あえてあまり知らない状態で記事を書き進め、その大穴感を際立たせるとしよう。

まさかの大穴に大抜擢。

ここからは、だいにぐるーぷが大穴たる所以(筆者がなんとなく伸びそうだなと思った理由)を紹介していこう。

だいにぐるーぷが大穴たる所以

所以①:構成メンバーのプロフィール幅

本当に正直に書くと、メンバーの顔と名前が一致していないため、そういうのを知りたい読者は是非そういうのを詳しく書いている別サイトを探していただくといいだろう。

兎にも角にも、公式プロフィールには

だいにぐるーぷは、中学からの友人同士で結成された、早慶中卒の20代の6人組グループYouTuberです。

だいにぐるーぷ、チャンネル概要欄より

との記載がある。

簡単にいうと、筆者はわかりやすいもの、極端なものに惹かれてしまうのである。

高学歴Youtuberを自称するのであれば、明治のお◯たなや横国のゆ◯りぬのような、すごいっちゃすごいけどうーーーんというような学歴ではなく、「早慶!!」とわかりやすく書いてくれた方がしっくりくるのである。

(当メディアがただの早慶推しなだけという見方もできるが)

このわかりやすさの極み大学、「早慶」と「中卒」というこれまた極端な低学歴が組み合わさっていたらそれはなんとなく面白そうな印象受けますよと。

所以②:何個か動画バズってるっぽい

チャンネルが開始されて2年も経っていないようだが、いくつかミリオン動画を出しているようだ。(見てないけど)

Youtubeは再生数至上主義みたいなところがあるため、180万回も再生されてるってことは面白いってことであろう。(見てないけど)

そのほか、当メディアがこのYoutuberを見つけるきっかけとなった動画(おすすめ動画に出てきた)(故にみてはいない)

も80万回再生されているようだ。

と、この記事を書きながら動画を見ていたらもう一つ彼らが今後伸びていく所以を見つけることとなったッ!!

編集力エグすぎ・・・!!

編集担当者は誰なのだろうか。

頑張って調べようとは思わないがもしわかったら別で記事書きたいぐらい、とにかく編集のクオリティが高い。

序盤はわちゃわちゃ大学生の集まり動画か、などと思いながら早送りして進めてみると、随所随所に大変ディティールまで凝られた編集が、、、

Youtubeの動画の域を超えてもはや作品、いやアートと呼びたい。

おそらく慶応SFCのメンバー(誰かはわからない)がすごいんじゃないかと踏んでいるが、Youtube界でも編集力に定評のあるへきトラハウスへきほーなどを全然超えてくるこのクオリティの秘訣に迫りたすぎる。

ここまで見たことないとネタにしながら書いてきてしまいすみませんでした。(全身全霊の謝意)

これは本当に大穴、いや大穴と呼ぶのも失礼なネクストブレイク必至のYoutuberでした。

登録者約20万(2019年1月現在)はダテではなかったのだ。

大学生故か、動画投稿頻度はそこまで高くないが、このままこのクオリティの動画を上げ続ければ確実に今年の飛躍は期待できる。

おわりに

さて、ここまでご紹介させていただいたYoutuberたちは今年どのような活躍をしてくれるのでしょうか。

今年の終わりにどれだけの登録者数が伸びたかなどを比較して答え合わせなんかができたらと思います。

頑張れッマシロンッ・・・!!

トレンドの最近記事

  1. ハイスクールダンジョン、モンスターや出演者、放送枠など最新情報【Abema TV】

  2. チャンネルがーどまんに学ぶ革命の起こし方【大人のソーシャルメディア学】#01

  3. マガジン連載開始【オトナのソーシャルメディア学】#0

  4. フォロワーが多い人の言うことならなんでも称賛しちゃう妄信的信者たちにはもうちょいクリティカ…

  5. レイターズが解散へ。メンバー4名はそれぞれ新たな道へ進むことを動画で発表

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP