ガチでコンサル業界に転職したい人へ

転職エージェントよりも使える情報満載!
転職面接での給与交渉のコツ、業界ホットNEWS...

LINEで詳細を見る

M&A総合研究所に中途採用される秘訣|年収例や稼ぐコツも解説

M&A総合研究所採用 転職

営業職を長年続けていると、営業力が身について色々な提案ができるようになります。提案できる商品やサービスが増え、既存顧客が増えていくことで、契約数や売上も増加していくでしょう。

しかし、成果を出しても成功報酬に反映されないと、転職して他業種の営業に挑戦してみたいと感じてしまいます。そんな成果主義を求める営業社員には、「M&A総合研究所」への転職がおすすめです

本記事では、M&A総合研究所の仕事内容から転職する理由や注意点、採用される秘訣まで徹底解説していきます。成果主義の業界でより多くの成功報酬を獲得したい人は、最後まで読み進めてみてください。

  • ReferFul」は、M&A・コンサル業界に強みを持つ転職支援サービスです
  • 独自開拓ルートで、M&A仲介業界への転職を支援しています
  • 面接対策や年収オファーを最大限に引き上げる面接テクニックをアドバイザーが共有してくれます
ReferFulを活用してM&A業界への転職を成功させましょう

M&A総合研究所とは?

M&A総合研究所の企業イメージ

まずは、M&A総合研究所の企業情報と事業内容について解説します。M&A総合研究所の特徴や、転職後にどんな働き方をするのか把握できるでしょう。

M&A業界がはじめての人は、M&Aアドバイザーについて深い理解を得られます。

M&A総合研究所の企業情報

M&A総合研究所は、M&A仲介を専門とする企業です。経済のグローバル化と少子高齢化にともなう市場の変動に対応し、企業を存続させるために企業合併や買収のサポートをしています。


2022年度の年間成長率が194%という驚異の数字から分かるとおり、M&A総合研究所は現在も成長を続けていて将来性のある企業です。現在、他業種で顧客に提案をしたり重要な商談を経験している営業社員は、培った経験とスキルを糧にM&A総合研究所で飛躍するチャンスです

M&A総合研究所の事業内容

日本には、M&A総合研究所のほかにも、M&Aキャピタルパートナーズや日本M&AセンターなどのM&A仲介企業が存在します。そのなかで、M&A総合研究所が注力しているのは、以下のような事業です。

  • M&A仲介事業
  • M&Aのセカンドオピニオンサービス
  • M&A総合研究所が運営するM&Aプラットフォーム

企業がM&Aをする際は、後継者問題や資金面の問題など、多くの問題を抱えています。複雑な手続きや希望のマッチングが難しい企業のM&Aを仲介することで、経営者の悩みを解決し、企業を存続させるサポートをしています。

また、M&A総合研究所では独自のM&Aプラットフォームを開発しました。プラットフォームを提供することで、仲介がなくてもオンライン上で希望するM&A案件を把握できます。

M&A総合研究所のアドバイザーは、以下のような業務を担当します。

  • M&Aの対象企業の発掘・提案・条件交渉
  • 対象企業の企業評価・分析・考察
  • デューデリジェンスのサポート、案件のエグゼキューション
  • 税理士法人や会計事務所の開拓
  • 税理士法人や会計事務所からの紹介による案件の発掘・提案・条件交渉

日々新規顧客の開拓やサービスの提案をおこなっている営業社員は、採用後も引き続き同様の営業活動に注力できます。企業の売買に直結するので、1件の成約の重みと得られる達成感はこれまで以上になるでしょう。

目の前の経営者が問題を抱えて悩んでいるとき、アナタの提案が問題解決の糸口となって成約に至ることで、その企業の経営者と従業員を守ることができます

中途採用や未経験でも稼げる!?M&A総合研究所の報酬

M&A総合研究所の報酬イメージ

転職する際に気になるのが、中途採用や未経験でも稼げるのかという点です。転職が成功しても、思うように稼げないと後悔してしまうためです。

そこで、M&A総合研究所の報酬システムを解説します。M&A総合研究所では、成果を出した分だけ報酬をもらえるシステムを採用しているので安心して転職できます

M&A総合研究所の最低報酬

2023年12月時点で、M&A総合研究所のアドバイザーの最低報酬は、以下のとおりでした。

M&A総合研究所の最低報酬イメージ

(参照:M&A総合研究所|採用サイト

M&A総合研究所では、未経験でも年収420万円は保証されています。さらに、交通費の全額支給と現在の基本給や成功報酬を考慮してくれるので、M&A総合研究所の最低報酬=国税庁が発表した2022年の日本の平均年収458万円と同程度になります。

営業経験者は前職の年収を考慮した最低報酬になるので、中途採用や未経験にとって魅力的な報酬体系です。現在勤務している企業の最低報酬よりもM&A総合研究所のほうが最低報酬が高い場合は、転職を検討してみる価値が大きくなるためです。

現在のM&A総合研究所はキャリア成長を重視し、個々の成果と貢献にもとづいて報酬を調整します。成果を出せば未経験者でも高い成功報酬を得られるので、早く年収アップをしたいと考えている人にとっては、M&A総合研究所への転職がおすすめです

M&A総合研究所の成功報酬

M&A総合研究所の報酬体系の中でとくに注目すべきは、成功報酬制度です。この制度では、担当したM&A案件が成功に至った際に、追加の報酬が支払われます。

成功報酬の額は、売上や案件の規模にもとづいて決定されます。成功報酬には上限がないので、成約が増えれば増えるほど高額な報酬を獲得できるでしょう。

以下、入社後の給与例を紹介します。

M&A総合研究所の平均報酬イメージ

(参照:M&A総合研究所|採用サイト

企画情報部に入社した2年目以降のアドバイザーの平均年収は、1,600万円を超えています。中央値も1,000万円ほどになっているので、多くのアドバイザーの平均年収が1,000万円程度をもらっていることがわかるでしょう。

商社から転職してきたアドバイザーは、1年目からすでに年収1,000万円を超えていました。上の画像からも分かるとおり、M&A総合研究所はキーエンスなどの他業種から転職しても、高い年収が期待できます。

M&A総合研究所で公開されている企画情報部の平均年収は、2022年9月時点で2,815万円です。もし、現状でモチベーションを維持できずに転職を検討しているなら、成果を正当に評価してもらえるM&A総合研究所を候補に入れてみましょう。

M&A総合研究所に転職したみたいと感じた営業社員は、以下のリンクからM&A業界に特化したエージェントに登録してみてください

  • ReferFul」は、M&A・コンサル業界に強みを持つ転職支援サービスです
  • 独自開拓ルートで、M&A仲介業界への転職を支援しています
  • 面接対策や年収オファーを最大限に引き上げる面接テクニックをアドバイザーが共有してくれます
ReferFulを活用してM&A業界への転職を成功させましょう

中途採用でもM&A総合研究所で稼ぐコツ

M&A総合研究所で稼ぐイメージ

入社する企業によっては、中途採用で入社しても思うような成果を出せずに稼げない場合があります。しかし、M&A総合研究所は、中途採用でも成果を出せば上限なく成功報酬を獲得できます。

M&A総合研究所で稼いでいくためのコツは、以下のとおりです。

テレアポ経験が活かせる

新規顧客獲得において、テレアポは業種を問わずに重要な役割を果たします。IT化やDX化が進んだ現在でも、問い合わせを待っているだけでは成果を上げられないためです。

テレアポを成功させるためには、電話口の相手や業種に合わせた対応が欠かせません。すでに法人営業でテレアポをしている営業社員は、そのトークスキルを新規顧客開拓に活かせるでしょう。

簿記の知識が活かせる

M&Aの仕事においては、財務・会計の知識が非常に重要です。とくに、簿記の基礎知識は、企業評価や交渉の際に大きな武器になります。

簿記に精通していることで財務報告書を分析し、資産や負債の評価、リスク管理など、M&A取引における重要な財務状況を理解できます。データにもとづいた提案は、顧客からの信頼を得るためにも不可欠です。

簿記の資格を所有している営業社員は、その知識をM&A業界で活かせます。企業の経営者と従業員のために、M&A総合研究所に転職してその簿記の知識を活用してみましょう

企業の経営者とのコミュニケーションスキルが活かせる

M&A総合研究所の顧客の多くは、企業の経営者です。その経営者のニーズを理解し、信頼関係を築くためには、経営者の考えや気持ちを察しなくてはいけません。

経営者と効果的にコミュニケーションをとるためには、その業界やビジネスモデル、市場動向や競合他社との位置づけなど、顧客のビジネス環境に対する深い理解が必要です。商談で経営者と面会する機会の多い営業社員は、転職後にその経験が大きな武器となります

日頃から経営者とコミュニケーションをとる機会の多い営業社員は、M&A総合研究所で活躍するチャンスです

M&A総合研究所に転職したくなる理由

M&A総合研究所への転職イメージ

営業職は業種を問わずに活躍できる職種です。そのなかで、M&A総合研究所のアドバイザーに採用されると、業界未経験でも以下のようなメリットがあります。

未経験でも大幅な年収アップが見込める

M&A総合研究所では、未経験者に対しても高いポテンシャルを期待しています。新入社員は研修プログラムをつうじて、M&Aに関する基本的な知識から実践的なスキルまで習得できるためです。

実際に未経験でM&A総合研究所に入社したアドバイザーの77%が、1年以内に初成約を獲得しています。このようにして身につけたM&Aの専門知識とスキルは、日々の業務で活かされ、次々と大幅な年収アップを実現しています。

他業種で営業経験がある場合、その経験をもとに実績を重ねて日本の平均年収を上回る収入を得ることも可能です

中途でも採用されやすい

M&A総合研究所は、経験豊富な他業種の営業社員を積極的に採用しています。他業種からのキャリアチェンジは、様々な業種の顧客を抱えるM&A総合研究所にとってメリットになるためです。

M&A総合研究所では、異なる業界や分野での経験をもとにした新たな視点やアイデアを積極的に採用し、顧客ファーストのM&Aを提供しています。そのため、他分野での専門知識や営業経験を高く評価し、キャリア形成に活かすことで成長を続けています

業務効率化が進んでいて働きやすい

M&A総合研究所では、最新のテクノロジーを活用した業務効率化が進んでいます。具体的には、手紙送信の自動化や押印の効率化です。

M&A総合研究所には専門のエンジニアが常駐しているので、トラブル発生時も早急な対応ができる環境を構築しています。ツールやシステムの改善も常時おこなわれているので、アドバイザーは営業活動に注力できるでしょう。

業務効率化を徹底した環境は、仕事の生産性を高めるだけでなく、ワークライフバランスの改善にも貢献しています。一般企業では営業社員に雑務が集まってくるケースもありますが、DX化が進んでいるM&A総合研究所では、営業活動しやすい環境が整っています

案件数が多くて成約を取りやすい

M&A総合研究所は、多岐にわたる業界との強固な関係を築いており、さまざまな案件を取り扱っています。そのため、アドバイザーそれぞれの専門性に合わせて案件を選択できます。

案件が多いことで成約のチャンスを増やし、成功報酬を獲得しやすくなるでしょう。成果を出しやすい環境が整っているので、高いモチベーションで日々の業務をこなせます

M&A総合研究所に転職する際の注意点

M&A総合研究所の注意点のイメージ

M&A総合研究所に転職する際は、注意点も存在します。どんな注意点があるのか、どのような対策をしたらいいかについて、詳しく解説していきます。

残業が多い

M&A取引は性質上、非常に複雑で締結までに多くの時間を要します。取引の各段階での詳細な分析やクライアントとの連絡調整、資料の作成や交渉のための準備など、多くの業務が必要なためです。

また、案件の締め切りや顧客の要求に応じて、予期しない残業が発生することもあります。激務が続いても、M&A総合研究所は成果を出せば高額な成功報酬を獲得できます。

そのため、自主的に残業するアドバイザーが多いのが特徴です。アドバイザーによってはワークライフバランスを重視して18時や19時に仕事を切り上げる人もいるので、自分の収入目標に合わせて働き方を考えてみましょう

M&A業界は離職率が高い

M&A業界は、離職率が高い業界です。M&Aキャピタルパートナーズや日本M&Aセンターなど、大手の企業でも一定の離職率になっています。

M&A業界ではアドバイザーが激務なうえに、取り扱う案件の金額が億を超えることもあるので、心理的な負担があります。同時に、スキルのあるアドバイザーはより待遇のいい企業へ転職する傾向があるので、離職率が高くなりやすいのが特徴です。

M&A総合研究所では、中途採用でも早期に成約が取れるようにチームでサポートする環境を整え、上限なく成功報酬を提供することが評判で低い離職率を維持しています。長期的に1社でM&Aのアドバイザーを続けたい人は、M&A総合研究所の社風が合うでしょう

中途採用でM&A総合研究所に転職するための秘訣

M&A総合研究所に転職するためのイメージ

中途採用でM&A総合研究所に転職するためには、いくつかのコツがあります。貴重なチャンスをものにするために、それぞれのコツについて解説していきます。

自己分析を徹底する

M&A総合研究所に採用されるためには、自身の強みや弱み、キャリア目標を分析して理解する必要があります。どのようなスキルや経験が他の候補者との差別化になるかを明確にし、それがM&A業界でどのような貢献につながるかを理解することが重要です。

たとえば、以前の業務での交渉スキルや分析能力、特定の商品知識や業界における経験などが、M&A取引において有利に働く可能性があります。また、自分のキャリア目標がM&A総合研究所での職務内容と、どのように一致するかを考慮することも重要です。

M&A業界に特化した転職エージェントを活用する

M&A業界に特化した転職エージェントを利用することで、M&A総合研究所をはじめとした有名企業に転職できる確率が上がります。M&A業界に特化した転職エージェントは、履歴書や職務経歴書のブラッシュアップ、面接対策や給与交渉など、転職プロセスの各段階で専門的なアドバイスを提供してくれます。

M&A業界は独特の募集要件や企業文化を持っているため、専門のエージェントのサポートは、未経験者が応募するうえで大いに役立つでしょう。まだ転職エージェントに登録していない人には、以下のリンクからM&A業界に特化した転職エージェントへの登録をおすすめします

  • ReferFul」は、M&A・コンサル業界に強みを持つ転職支援サービスです
  • 独自開拓ルートで、M&A仲介業界への転職を支援しています
  • 面接対策や年収オファーを最大限に引き上げる面接テクニックをアドバイザーが共有してくれます
ReferFulを活用してM&A業界への転職を成功させましょう

まとめ:M&A総合研究所に転職して年収アップを目指そう

M&A総合研究所に転職することで、中途採用や未経験でも年収アップが見込めます。2022年9月時点での企画営業部の平均年収は2,815万円で、未経験でも77%のアドバイザーが1年以内に初成約を獲得しているためです

M&A総合研究所で活躍する多くのアドバイザーが他業種からの転職をしているので、実践的な研修プログラムを用意している点も安心できるでしょう。ライバルに差をつけたい場合は、事前に簿記の勉強をしておくと、実務で損益計算書などを見る際に役立ちます。

M&A総合研究所に転職するためには、M&A業界に強い転職サービスのサポートが必要です。転職サービス選びに迷っている人は、以下のリンクからM&A業界への扉を開いて充実した毎日に変えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました