外資会社員のトレンド研究所

  1. トレンド

仲間屋で料理してるきっぺいって誰?【ポンポンタイムズ仲間家】

Youtube界で「親方」と若手達に慕われるワタナベマホトが、家賃・食費などなどを全額払い、若手Youtuberとルームシェアしながら育てていく家として知られている「仲間家」(仲間屋じゃないよ)。

その仲間家でなにやら新しい動きをしている住人が。

それが今回ご紹介する「きっぺい」なのだが、ご存知だろうか。

 

左の彼がきっぺいである。
(ちなみに右は同居人のAmaryllis Bomb ゆうこん)

 

この「仲間家ポンポンタイムズ」というチャンネルは、仲間家発足当初より継続的に更新されている、いわば仲間家のサブチャンのようなものである。

 

 

さてきっぺいだが、このところ仲間家ポンポンタイムズのチャンネル内で「仲間家食堂」と名付け、ワタナベマホトら多忙な同居人に料理を提供する動画を精力的にアップロードしている。

なかなか料理内容にも凝っており、ゆくゆくは個人で料理チャンネルでも立ち上げるのではなかろうか(ちなみに、現在きっぺいは個人でチャンネルを持っていない)。

 

今回はこのきっぺいが何者であるのかを簡単に紹介していく。

 

元々は関西でユーチューバーをやっていた

 

現在は「居候」が肩書きのきっぺいも以前は個人で「うぇぶふろう」というチャンネルで活動していた。

当時のチャンネルは消えてしまっているようだが、今やトップYoutuberのふくれなや禁断ボーイズいっくんとコラボする動画はまだ見ることができる。

 

現在は引退してしまった「かめむし」の、名付け動画にも出演。

 

詳細は割愛するものの、この頃からきっぺいは女グセの悪さで有名で、様々な女性問題を起こしている、、、

 

相方オーディションを経てサグワダイアリーのメンバーに

 

この辺りから知っている方も多いのかもしれない。 

 

サムネの男が当時のきっぺいである

 

サグワが開催した相方募集オーディションに、もう一人の合格者こーきとともに合格し、一時は3人で同じ家に住みながらチャンネルを更新していた。

しかし、途中できっぺいのメンタルが壊れ、3人で動画を続けることは困難に。

もともとソロチャンネルだったサグワダイアリーは再びソロに戻るのであった。

 

しばらくした頃に仲間家に遊びに来る、そして住み着く

 

簡単に言えば、↑こういうわけで現在に至るわけである。

ちなみに、当時曖昧な感じにチームを解散したサグワとの関係は悪いわけではなく、なんならそれなりに仲良さそうな姿が見て取れる。

そんなこんなで当時仲間家に住んでいたサグワの元へ遊びに来るわけだが、当時特に何をするわけでもなく関西で過ごしていたきっぺいは、久々に仲間家を訪れサグワやその周辺の仲間たち(マホト周辺のYoutuber)の楽しさを思い出してしまい、いつしか地元に帰れない身体になってしまったのだ。

そんな時寛容な兄貴分であるマホトが冗談半分で言った「このまま住んじゃえば?」という言葉をそのまま丸ごと鵜呑みにし、本当に住み着き今に至るわけだが、前述の「仲間家食堂」のような新しい取り組みで、少なからずマホト達の役に立っており、ただのフラフラした居候ではないという姿勢を示している。

 

他のYoutuberの家に出張し、その地で料理を振る舞う「出張仲間家食堂」という取り組みも各所で好評だ。

 

元々そこまで評判の良くなかったきっぺいだが(笑)、昨今の居候としての謙虚な姿勢とその料理の腕前で好感度を回復させ、順調にYoutube復帰(?)への道を歩んでいるように見える。

女グセの悪さからマホトに禁止されていたSNSも復活し始め、徐々に知名度も取り戻してきている。

 

カイトが仲間家を去った現在では、マホトのイタズラのターゲットとしての役割も担当している。

 

かなりじわじわとだが、地味に今後ハネそうなYoutuber(?)の一人として注目が集まるきっぺいの今後の活躍に期待したい。

トレンドの最近記事

  1. ハイスクールダンジョン、モンスターや出演者、放送枠など最新情報【Abema TV】

  2. チャンネルがーどまんに学ぶ革命の起こし方【大人のソーシャルメディア学】#01

  3. マガジン連載開始【オトナのソーシャルメディア学】#0

  4. フォロワーが多い人の言うことならなんでも称賛しちゃう妄信的信者たちにはもうちょいクリティカ…

  5. レイターズが解散へ。メンバー4名はそれぞれ新たな道へ進むことを動画で発表

関連記事

PAGE TOP