外資会社員のトレンド研究所

  1. トレンド

【YouTube事務所戦国時代】新進気鋭のYouTube事務所kiiiのインフルエンサー事業に迫る【へきトラハウス】【しばなんチャンネル】【ブライアン】【きまぐれクック】+…

EDGESiLVer等の新興勢力の台頭や、ネクストステージが解散したり、ジェネシスワンから多くの離脱者が出たり、YouTuberの所属する事務所を取り巻く環境は日々変化し、熾烈を極めています。

そんな中で当時YouTube界の超大物フリーYouTuberと目されていた『へきトラハウス』、『しばなんチャンネル』、『ブライアン』、『きまぐれクック』の4組を一気に獲得し反撃の狼煙を上げた事務所がkiii(キー)です。

今回は、その後もどんどん新たな所属YouTuberを発表しているこの新事務所kiiiを解剖していきたいと思います!

f:id:daigo_kun:20171113181700p:plain

株式会社kiii

 2017年6月に設立されたばかりの、新Youtuber事務所kiii。

ホームページを見てもまだまだ謎は多い会社ですが、とりあえずの現状はYoutuberのマーケティングマネジメントを行っていく会社の模様。

最初の4組に限らず、新たな所属Youtuberをどんどん増やしているようなので、まさにこれからに期待がかかる事務所です。

Youtuber個々のイベントなんかもまだまだ積極的には開かれていないみたいなので、どのようなサポートがされてゆくのか見ものであります。

新所属Youtuber

2017年11月現在で、最初の4組に加えて新たに4組のYoutuberが所属し計8組所属の事務所となりました。

その4組について簡単に紹介しましょう。

よさこいバンキッシュ

へきトラハウスの後輩枠Youtuber。

ヤンキーと対決したり、パリピをいじったり、とにかく若者っぽい、若々しい元気な企画が特徴的です。

登録者20万人ちょっとにもかかわらずkiiiから声がかかったようで、その将来性に大きな期待がかかっています。

たいぽんfilms

元祖アダルティックYoutuberたいぽんが、グループになって帰ってきました。

これまでの所属から考えると個人的には意外な人選でしたが、エロや下ネタに寛容なkiiiの体制がよくわかる人選でもあります。

グループ化が吉と出ているのか、事務所所属に登録者増加と、勢いを増すたいぽんfilmsに注目です。

さなっち

www.youtube.com

ぶっちゃけ知らない。

動画を観ましたが、どうも個人的にこういった類の女性Youtuberは嫌いで、紹介する気も起きませんでしたので、飛ばします(笑)

とにもかくにも、これだけ大物たちが集まるkiiiにマッチするだけの素質を持っているということで、頑張ってください、としか。

はてにゃん

歌舞伎町系Youtuberだけど、あんまり歌舞伎町っぽくない(?)

元ナンバーワンホストで、メイク動画からネタ動画まで上げているはてにゃん。

最近はレペゼン地球なんかともよく絡んでいて、知名度もぐんぐん上がっています。

元々よききさん、こここさんと3人で非リアちゃんねるなるものを作りましたが、すぐにそれぞれで活動し始め、はてにゃんさんがこのアカウントを引き継ぎました。

よきき (@y_cute_) | Twitter

こここ (@kkk__555) | Twitter

よききさんは別の事務所に所属していますが、同じビジュアルメイク系Youtuberとして共通するため、よくこの二人はお互いにパクリだのといじられています(笑)

親しみやすい雰囲気で、体を張ったりもするので、こちらもどんどん人気が出てくるのではないでしょうか。

kiiiはお目が高い!

まとめ

いまいち、所属Youtuberの選定基準はバラバラでよくわかりませんが、これからもどんどん人数が増えていくと思われるkiii。

一部の話では、解散したネクス組も何組かがkiiiに入るなんていう噂もあります。

とにもかくにも、大注目の新事務所であることに間違いありません。

今後とも期待しときましょう!

結論:UUUMってすごい。

トレンドの最近記事

  1. ハイスクールダンジョン、モンスターや出演者、放送枠など最新情報【Abema TV】

  2. チャンネルがーどまんに学ぶ革命の起こし方【大人のソーシャルメディア学】#01

  3. マガジン連載開始【オトナのソーシャルメディア学】#0

  4. フォロワーが多い人の言うことならなんでも称賛しちゃう妄信的信者たちにはもうちょいクリティカ…

  5. レイターズが解散へ。メンバー4名はそれぞれ新たな道へ進むことを動画で発表

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP