FUL | おうちガチ勢のための家chillメディア

  1. エンタメコンテンツ

フェルミ研究所の動画「モテる男のライン&トークテクニック」は当たり前すぎるものばかり?プチ炎上を繰り返すチャンネルに注目

 

何かと物議をかもしがちな漫画風動画チャンネル「フェルミ研究所」ですが、 2019年5月現在 なんだかんだで130万登録者を誇る巨大チャンネルとしての地位を確立しています。

しかしその動画内容があまりに当たり前すぎることを述べていたり、参考にするまでもないものばかりであると、一部視聴者からは苦言を呈されることもしばしばあります。

今回は、そんなフェルミ研究所の動画から女性にモテるためのライン&トークテクニックをピックアップし、実際に使える者かどうか検証してみましょう!

ライン/LINEテクニック

知性が感じられる言葉選びをする

wwwなど草を生え散らかすのはNG。若者言葉(ぉはようなど)は使わない。

アイコンをナルシストにしすぎない

ラインのアイコンがナルシストすぎるのはNG。モテる人は自然体で撮っている。またモテる人は女性のラインのアイコンの変化に敏感。

連絡をマメにする

モテない人は返信が早すぎたり遅すぎたりする。モテる人は返信はマメなのですが早すぎず遅すぎずある程度待ってから返信する。

返信し辛いラインは送らない

モテない人は「忙しいから無理だよね?」「今度どこいきたい?」などすぐに返しづらいラインを送る。こういうラインを送るとめんどくさい人だなあという印象を与えてしまう。モテる人は「今度水族館いかない?」などすぐに返信しやすいラインを送る。目的を明白にして誘っています。

文章量は適度にする

モテない人は返信で「うん」やスタンプだけなどで返信するため相手にそっけないと思われてしまいます。

女性の名前を入れる

女性はお前などと呼ばれるのが嫌いです。名前を入れてあげると親密度が増します。○○さんこんにちはなどラインには相手の名前を入れるように心がけましょう。

業務連絡のようなラインは避ける/相手に共感する

長すぎる文章はだめです。絵文字なども入れるとなお良いでしょう。また、相手の好きなことは最低限調べておきましょう。

相手のラインの速度に合わせる

ラインが帰ってきたらすぐ返信してはダメです。相手が20分かけて5行送ってきたら30分かけて4行返すくらいが丁度よいです。下手にでないことも大切です。

相手の興味のあるところにデートで誘う

デートに誘うときは相手の好きなことをしっかりと把握してデートに誘いましょう。

トークテクニック

「お前」は使わない

女性は「おい」や「お前」などと呼ばれるのが嫌いです。雑に扱われている感じがするのでモテる人は相手の名前をしっかりと呼んでいます。

話を最後まで聞く

モテない人は話をあまり聞きません。モテる人は相手の感情に対して同調しています(不満、怒り、喜び、悲しみ、感動)。

秘技おうむ返し

モテる人は自然に共感したあとにおうむ返しをして同調性をアピールしています。

男と女の会話の内容に気をつける

男の会話の内容は勝ち負け、女、車、エクスカリバーの入手方法など競い合いの話が主で、会話に結論があります。女性はあの人かっこいいなど人にまつわる会話が主で、会話に結論は基本ないです。モテるには女性がよく話す人にまつわる会話をすることが大切です。

しっかり褒める

女性を褒めるときに可愛い、キレイだねなど誰にでも言っているような言葉はNGです。○○さん顔がすごいかわいいねとか○○さんキレイな髪の毛だねとか具体的に相手を褒めましょう。やりすぎくらに褒めるとよいでしょう。

言葉使いに注意する/下ネタは避ける

草はえるー、クソワロタなどの汚い言葉は使ってはいけません。また下ネタも使うのは避けましょう。

当たり障りのない会話から感情を動かす会話に切り込む

他人と親密になろうとする場合表面上ではなく一歩踏み込んだ会話をすることが大切です。研究では質問が多い人は質問が少ない人に比べ印象がよくなることがわかっています。

自己開示/自分のことを隠さない

自己開示してくれる人のほうが好かれる。「仕事は?」と聞かれて「いろいろですねー」とか「いや、個人情報なので」などと返すとそれ以上の関係になることは出来ません。

第三者を褒める

相手でも自分でもない第三者を褒めると褒められているのがあたかも自分のことのように感じられる心理効果があります(自発的特性転移)。ただし、他の人をディスるとだめなので注意しましょう。

親密度が深まってきたら更に踏み込んだ個人的な会話をする

自己開示が終わった後は今度はこっちから相手の内面にふれる質問をしていきましょう。個人的な内容と質問が多いことを意識するようにしましょう。相手が話したことについて質問していくのが良いです。

 

おわりに

以上が男子がモテるためのライン・トークテクニックでした。

あとは実戦でテクニックを検証してみましょう。

周りの新しく知り合った女性に対して上記のテクニックの中で気に入ったものを使ってみましょう。

もしちょうど良い距離間の女性がいないということでしたら、マッチングアプリのwithがおすすめです。

【with】共通点でマッチング!だから確実に盛り上がる

始めから共通の話題がある方とだけマッチングするようにできているので、余計な心配をすることなくテクニックを使うことのみに集中することができます。

アプリなどを上手に使って経験をたくさん積み、会話の盛り上げ上手を目指しましょう!

エンタメコンテンツの最近記事

  1. ハイスクールダンジョン、モンスターや出演者、放送枠など最新情報【Abema TV】

  2. チャンネルがーどまんに学ぶ革命の起こし方【大人のソーシャルメディア学】#01

  3. レイターズが解散へ。メンバー4名はそれぞれ新たな道へ進むことを動画で発表

  4. ゴッドタンとかいう実は今最も流行を発信している怪番組

  5. レペゼン地球のチャンネルを譲り受けたジャスミン、登録者減の逆境に負けず次の一手を打てるか

関連記事