PR

DowinxとGTRACINGを徹底比較!それぞれのおすすめモデルも紹介

在宅ワーク/デスク環境
PR
PR

Amazonのランキングでも上位に出てくるDowinx(ドウンクス)とGTRACINGですが、違いが気になっている方もいるのではないでしょうか?

この記事では

  • DowinxとGTRACINGの違い
  • Dowinxの特徴
  • GTRACINGの特徴
  • おすすめモデル

について解説していきます。

PR

DowinxとGTRACINGの違い

DowinxGTRACING
デザイン・落ち着いたデザインが多い
・ランバーサポートが大きめ
・ゲーミングチェアらしい派手なデザインが多い
・コンパクトなランバーサポート
特徴的な機能・腰部振動マッサージ機能・Bluetoothスピーカー搭載
価格(※2022年3月時点)16,600~23,800円17,800~38,800円
座り心地柔らかめ固め

デザイン

Dowinxはゲーミングチェアの中でも落ち着いたデザインのものが多いのが特徴です。

ゲーミングチェアが欲しいけど、部屋の雰囲気や内装と合うか心配になる人もいると思いますが、ブラックやグレーで統一されたデザインはオフィスやインテリアとの調和は高いといえるでしょう。

一方GTRACINGはゲーミングチェアらしい派手なデザインのモデルが多めです。

いかにもゲーム用といったレーシングカーのシートを彷彿とさせるデザインは否が応でもテンションを上げてくれます。

ゲーミング環境を整えたい人や人と違ったデザインのチェアが欲しい人にはおすすめです。

機能

Dowinxの特徴的な機能の一つに腰部振動マッサージ機能があります。

どんなにいいチェアでも長時間座っていると背中や腰の血行が悪くなってきます。

Dowinxは大きめのランバーサポート内部にマッサージ機能を搭載することで、USB給電で振動してマッサージすることが可能です。

ゲームだけではなくテレワークなどで在宅ワークをしている方にも嬉しい機能といえます。

GTRACINGの特徴的な機能はBluetooth5.1に対応したスピーカーを背もたれ部分に搭載している点です。

この内蔵スピーカーによりユーザーは耳元から包み込まれるような音の広がりを体感することができます。

FPSのように音の方向が重要なゲームや、映画鑑賞時におすすめしたい機能の一つといえます。

価格

価格は両者ともエントリーモデルは近い価格帯になっており、わずかにDowinxの方が安い傾向があります。

上位モデルとなるとGTRACINGの方が高めの設定となり、値段に見合った素材や外観のモデルが多くなります。

どちらかといえばGTRACINGの方が高級感のある上位モデルが多いといえるでしょう。

座り心地

Dowinxの座り心地はソファのように柔らかめになっています。

モデルによっても異なりますが、柔らかいといってもしっかり体を支えられるようにコイルが備えられており、ウレタンも厚めのものを採用しているので姿勢が崩れるということはないでしょう。

一方のGTRACINGは座面はとしっかりとした固めの仕上がりとなっており、長時間のゲームやパソコン作業の際に姿勢を崩しにくくなっています。

意外に思われるかもしれませんが、座面は固い方が実は疲れにくいといわれています。

柔らかすぎる座面はお尻が沈み込んでしまうため何度も姿勢を直す必要があり、その結果として腰に負担をかけてしまうことになります。

また腰が安定しないので背骨も正しい位置をキープすることが難しくなり、筋肉を余計につかって姿勢を維持しようとしてしまいます。

映画館の椅子のように柔らかい座面は最初はふかふかして気持ちよく座れますが、映画を観ている途中でなんども姿勢を直した経験のある人もいるのではないでしょうか。

一方でスポーツ観戦をするときのような固いベンチでは不思議と何時間座っていても疲労感は少なくなります。

GTRACINGはリラックスというよりは正しい姿勢で座るという使い方が合っているチェアです。

Dowinxの特徴

Dowinxはここ数年でAmazonでも販売数を伸ばしてきている中国のメーカーです。

読み方は【ドウンクス】と読み、中堅ブランドとしての地位を確立しつつあります。

15年という長い年月をかけてチェア製作に取り組んでおり、品質や設計にはかなり力を入れています。

ほぼ全てのモデルにオットマンがついている

Dowinxのゲーミングチェアはほぼ全てのモデルに格納式のオットマンが搭載されています。

オットマンとはリクライニング時に脚を乗せてリラックスするためのもので、オットマンがあるのとないのとでは休憩時の姿勢がまるで違います。

オットマンが別売りになっているゲーミングチェアもありますが、格納式でないため場所を取ってしまい邪魔になることもあります。

Dowinxのオットマンは座面の下に格納することができるので、スペース的なメリットがあることもポイントの一つです。

ゲームの途中やテレワークで横になって休憩したいというときに脚を真っ直ぐ伸ばせると非常に気持ちよくリラックスできるので、オットマンがほとんどのモデルについていることは大きなメリットといえます。

ランバーサポートやヘッドレストも装備

Dowinxのゲーミングチェアには姿勢をよくするためのランバーサポートや頭を支えるヘッドレストが装備されています。

ランバーサポートは腰椎を支え、背骨がS字の姿勢になるようにしてくれます。

人体は立っているときの姿勢が一番体に負担が少ないといわれていますが、ランバーサポートがないと背中が丸まってしまい、前屈みの姿勢になりやすくなります。

ランバーサポートで腰を支えることで立っているときの姿勢に近い状態を作り出すことができるのです。

ヘッドレストは背もたれを倒したりしたときに首や頭部を支える役割を果たし、楽な姿勢で座り続けることができます。

どちらもDowinx特有の機能というわけではありませんが、どのモデルにも標準装備で付いていることはメリットといえます。

マッサージ機能がある

Dowinx独自の機能としてはランバーサポートのマッサージ機能があります。

ランバーサポート内部に振動するタイプのマッサージ機能を付加することで、腰から背中にかけての血行を改善する効果があります。

電源はUSB給電となっており、PCから取ることができるのでコンセントなどを増設する必要もありません。

ただし、オンオフのスイッチが付いていないのでそこは今後の改善点といえるでしょう。

GTRACINGの特徴

GTRACINGはAKRacingと名前が非常によく似ていますが、近年コスパを重視して売上を伸ばしてきました。

2011年に上海で創業した比較的新しい会社ですが、すでに100万台売り上げるなど確かな販売実績のあるメーカーです。

抜群のコスパ

GTRACING最大のメリットは何といってもそのコストパフォーマンスの高さにあります。

同程度のゲーミングチェアが4~6万円ほどするのに対し、GTRACINGは1万円台後半から購入することができます。

AKRacingやDXRacerと同程度とまではいきませんが、十分に快適に使うことができるので安かろう悪かろうということもありません。

ゲーミングチェアは座ってみないことにはわからない部分もあります。

高価なゲーミングチェアを買ってみたものの合わなかった、座面が高すぎたということもなくはありません。

まずゲーミングチェアを試してみたいという人にもおすすめできるメーカーです。

日本人向けの設計

GTRACINGは日本人向けに座面の低いモデルや小柄な人向けのモデルを多くラインナップしています。

よくあるゲーミングチェアのメーカーでは座面が西洋人向けに作られていることも多く、身長の違いもあって座面が高すぎることがあります。

GTRACINGは42~50cmと平均的な日本人の脚の長さに合わせて座面を低めに設定していることがポイントとなります。

ゲーミングチェアが欲しいけど、高すぎて座りにくい、机の下に入らないという人も安心して購入することができるメーカーです。

スピーカー搭載モデルなど独自の機能

GTRACINGの独自機能としてBluetoothスピーカーを内蔵したモデルが挙げられます。

背もたれのちょうど肩の部分にBluetooth5.1に対応したスピーカーを搭載し、耳元から臨場感のある音場を楽しむことができます。

正面からの音よりも左右の方向がわかりやすいというメリットもあり、FPSなどのゲームではどちらから銃声や足音がしたかの判別がしやすくなり、有利にゲームを進めることができます。

またゲームだけではなく映画を観たり、音楽を聴いたりするときも包み込まれるような雰囲気で楽しむことが可能です。

スピーカーのサイズがそこまで大きいわけではなく、重低音は控えめになってしまいますので、音質を重視する人は別途スピーカーやヘッドセットを用意した方がいいでしょう。

おすすめモデル

それぞれのメーカーのおすすめモデルを紹介していきます。

Dowinxのおすすめモデル

LS-6689Sシリーズ

LS-6689シリーズは中世ヨーロッパをコンセプトにデザインされたDowinxでもトップクラスのモデルとなります。

新開発の高級PUレザーを使用し、手触りを向上。背もたれと座面に厚さ5cmのスポンジを採用することで通気性を高くし、夏場でも快適に使用できるようにしています。

背もたれも175度とほぼ水平にまで倒すことが可能で、オットマンと併用すればフルフラットの状態で横になることも可能です。

さらにオットマンは座面下に格納することができるので、使わないときも邪魔になることもありません。

高級感をゲーミングチェアに求める人におすすめです。

寸法背もたれの高さ:82cm
背もたれ幅:60cm
シート幅:約52cm
座面高さの調整幅:46~55cm
アームレスト上部から床までの高さ:65~75cm
アームレストの長さ:27cm
耐荷重165kg
※推奨40~110kg
素材張り地:PUレザー
座面クッション:軟質ポリウレタンスポンジ
キャスター:ナイロン
機能リクライニング機能:90~170度
ロッキング機能(最大約15度+硬さ調整)
座面高さ調整機能
4Dアームレスト(上下、左右、前後、角度)
腰部振動マッサージ付き(USBポート)
ネックピロー・ランバーサポート
収納式オットマン
保証期間1年
ブラウン、グレー、アイボリー

LS-6668

LS-6668はDowinxのスタンダードモデルです。

10cmの厚さを誇る座面にはソファーやベッドで使われるようなポケットコイルが16個内蔵されており、快適な座り心地を実現しています。

生地には通気性を重視したファブリックを採用し、ポケットコイルと相まって蒸れにくい作りになっています。

また日本人の体格に合わせて足がつきやすいよう低めの座面に設計され、負担を軽減しています。

座面の角度も水平に近いので前傾姿勢のときに膝裏、太ももの裏を圧迫することなく座ることができます。

リクライニングの角度は170度まで無段階で調整可能。腰部のランバーサポートにはUSB給電の振動マッサージ機能を内蔵し、長時間の着座による疲労を軽減します。

カラーはどんな部屋にもなじみやすいグレー&ブルー、ブラック、スカイブルーの3色でインテリアとの相性も問題ありません。

落ち着いたデザインと柔らかめの座面が好きな人にはおすすめできるチェアです。

寸法椅子の高さ:約124~132cm
背もたれの高さ:82cm
背もたれ幅:55cm
座面幅:52.5cm
座面高さの調整幅:42~50cm
アームレスト上部から床までの高さ:53~69cm
アームレストの長さ:26cm
キャスターベースの幅:80cm
耐荷重135kg
※推奨60~80kg
素材張り地:ファブリック
座面クッション:ポケットコイル(高密度ウレタンフォーム)
キャスター:ナイロン
機能リクライニング機能:90~170度
ロッキング機能(最大約15度+硬さ調整)
座面高さ調整機能
アームレスト上下調整機能
腰部振動マッサージ付き(USBポート)
ネックピロー・ランバーサポート
収納式オットマン
保証期間1年
ブラック、グレー&ブルー、スカイブルー

GTRACINGのおすすめモデル

GT321-BLACK

GT321-BLACKはGTRACINGのフラッグシップモデルです。

新たに開発されたPUレザーを採用することで外観の高級感と耐久性の向上に成功しています。

ヘッドレスト、ランバーサポートはもちろん装備しており、座面収納式のオットマンも備えられています。

リクライニングは135度まで調整可能。座面には高品質ウレタンを使用し耐荷重は135kgまでとなっています。

スタイリッシュな外観に高品質なPUレザーを採用したGTRACINGの最新作です。

寸法椅子の高さ:約125~133cm
背もたれの高さ:85cm
背もたれ幅:46cm
座面幅:55cm
座面高さの調整幅:43~51cm
アームレスト上部から床までの高さ:63~73cm
キャスターベースの幅:70cm
耐荷重135kg
素材張り地:PUレザー
座面クッション:高密度ウレタンフォーム
ガスシリンダー:クラス4
キャスター:ウレタン樹脂
機能リクライニング機能:90~135度
ロッキング機能(硬さ調整)
座面高さ調整機能
4Dアームレスト(上下、左右、前後、角度)
ネックピロー・ランバーサポート
収納式オットマン
保証期間1年
ブラック

GT002

GT002はGTRACINGの中でもスタンダードなモデルとなります。

日本人向けに低めの座面を採用し、最低42~50cmとなっており標準的な日本人の人が座りやすい設計になっています。

165度の大きめのリクライニングの角度のおかげで休憩時にゆったりとくつろぐことも可能です。

カラーバリエーションも豊富で自分の好みやインテリアに合わせて選択肢が広がることも魅力の一つでしょう。

寸法背もたれの高さ:82.5cm
背もたれ幅:54.5cm
座面幅:38cm(左右のサポートを除く)
座面高さの調整幅:42~50cm
耐荷重135kg
素材張り地:PUレザー
座面クッション:高密度ウレタンフォーム
ガスシリンダー:クラス4
キャスター:ウレタン樹脂
機能リクライニング機能:90~165度
ロッキング機能(硬さ調整)
座面高さ調整機能
アームレスト上下調整機能
ネックピロー・ランバーサポート
保証期間1年
ブルー、グレー、グリーン、パープル、ホワイト、オレンジ、ピンク、オレンジ

GT890(Bluetoothスピーカー付き)

GT890はGTRACING独自機能のBluetoothスピーカーを背もたれに内蔵したモデルです。

最新規格のBluetooth5.1に対応し、ゲームプレイにも影響を及ぼさない0.1msの遅延を実現しています。

またサラウンド効果により臨場感溢れる音場を構成し、音楽や映画鑑賞で抜群の効果を発揮します。

スピーカーだけではなくゲーミングチェアとしても基本性能を備え、ヘッドレスト、上下左右の調整が可能なアームレスト、ヘッドレストとランバーサポートも装備しています。

リクライニングの角度はロッキング機構を廃することで170度まで無段階調節を可能としました。

迫力のあるサウンドと快適なゲーミングチェアの機能が一つになったおすすめモデルです。

寸法椅子の高さ:128.5~138.5cm
背もたれの高さ:82cm
背もたれ幅:54cm
座面幅:52cm
座面高さの調整幅:46.5~56.5cm
キャスターベースの幅:68cm
耐荷重メーカー記載なし
素材張り地:PUレザー
座面クッション:高密度ウレタンフォーム
ガスシリンダー:クラス4
キャスター:ウレタン樹脂
機能リクライニング機能:90~170度
ロッキング機能:なし
座面高さ調整機能
アームレスト上下、角度調整機能
ネックピロー・ランバーサポート
オットマン:オプションで選択可能
保証期間1年
ブルー、グレー、グリーン、パープル、ホワイト、オレンジ、ピンク、オレンジ

まとめ

以上、DowinxとGTRACINGの違いを解説してきました。

Dowinxは控えめなデザインと座り心地を重視したマッサージ機能などが魅力のメーカーです。

GTRACINGは固めの座面でしっかりと姿勢をサポートしたい人やゲーミングチェアらしいデザインが好みの人に向いています。

どちらも最近勢いのあるメーカーなので、好みや求める機能で好きな方を選んで問題ありません。

価格帯はGTRACINGがどちらかといえば高級なモデルも用意しているので、予算に余裕がある人はGTRACINGのフラッグシップモデルを検討してみてもよいでしょう。

どちらもコストパフォーマンスに優れたゲーミングチェアであることは間違いないので、この記事を参考にじっくり選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました