FUL | おうちガチ勢のための家chillメディア

  1. エンタメコンテンツ

【古参ユーチューバーサボりすぎじゃない?】どうした6面ステーション【六面】【しもD】【サカナギ】

彼らが中学生ぐらいの頃からYoutubeを始めていた、超古参Youtuberである6面ステーションですが、この頃ずっと勢いが落ちていました。

という表現は間違いですね、、、

こいつらずっとサボってます。

30万人の登録者を抱えながら、事実上の活動休止中、、、まさにYoutube界の眠れる獅子でした。

週一回はおろか、月に一本も動画を上げない、なんてこともあって、完全にサボり癖のついていた6面ステーションですが、彼らの就職を考えた時にやっぱりYoutubeが好きだという思いによって無事に毎日投稿を再開してくれました。

www.youtube.com

と思えばまた2か月ほど動画を上げない体たらく。

個人的にこのチャンネルはすごく好きで、CGクリエイターでもあるサカナギ君が加入した時なんかはとても将来性を感じたのですが、いかんせん本人たちのやる気が足りずに投稿が滞ってしまっています。

しばらく動画を上げない期間が続く→急にやる気出して毎日投稿宣言→気づけばまたさぼり癖が再発・・・

といった無限ループをさまよい続ける眠れる獅子たちですが、実はまだまだ若いのです。(全員21歳の代)

今後の復調と飛躍に期待しつつ動画を待ち続ける日々は、もはやファンにとっては慣れっこなのではないでしょうか。

ここでは改めてのメンバー紹介ここ最近の面白い動画などを紹介していきたいと思います!

メンバー

6面

このチャンネルのリーダー。

ハスキーな声が特徴的なのは有名で、水曜日のダウンタウンにも出演経験あり。

彼の部屋の汚さは有名で、ここまで投稿が滞ったのも彼のだらしなさが主な原因だと思います(笑)

ファンには有名な話だが、本名は矢野リュウマで、本名でやっているInstagramでは彼のありのままの高校や大学生活を見ることが出来ます。

www.instagram.com

しもD

6面くんと中学?小学校?詳しくは知らないが古くからの仲のかわいいでぶちゃん。

アメフトだかラグビーだか忘れたけど部活をやっていたが辞めて無事6面ステーションに復帰しました。

ゴリゴリツーブロのイケイケロン毛で、なんなら普通に厳ついが、ピュアな童貞らしい。

※最近彼女ができた様子はYoutube上にもあがっており、幸せな様子がうかがえます。

ちなみにお正月に浅草寺でのデート目撃情報もチラホラ(笑)

以前企画でかす。ちゃんとデートしただけで、「あいつはいい女だった」などと元彼感を出していたチェリーくんの姿はもうありません。

6面ステーション復活にあたり、真面目に編集も覚えたり意外な企画力を見せつけたりと、けっこうYoutubeポテンシャルの高さを持っていますが、怠惰なリーダーに引っ張られ気味でしょうか?

もったいないのでぜひ頑張ってほしいですね。

あ、あと彼のTwitterのいいね欄は美少女のみで構成されており、そういう気分の時に見ると大変はかどります。是非フォローしてみて。

twitter.com

www.youtube.com

サカナギ

途中加入の美大生。

元々は昔ソロでYoutubeをやっていたらしく、現在はCGアート等を専門とする武蔵野美大の大学生です。

よさこいバンキッシュのEDを作ったり、グッズを作ったりとその才能には間違いないが、その言動はいささか人をイラつかせるようで、しばしばカワグチジン氏の攻撃の対象になっています(笑)

しかし最近はだいぶ静かになってしまい、一時期は○亡説が出たりするぐらいでした。(ただTwitterを更新していなかっただけ)

ただ、色白でシュッとした流行り顔で、好きな人は好きそうな顔なため、むかつくけど女性ファン多そうですね。

6面ステーションのルパン三世風な新EDは彼が作成したもので、流石のクオリティといったところ。

www.youtube.com

オススメ動画

最後に、これから6面ファンになろうとしているビギナーたちへ捧げるオススメ動画をいくつか載せておきます。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

エンタメコンテンツの最近記事

  1. ハイスクールダンジョン、モンスターや出演者、放送枠など最新情報【Abema TV】

  2. チャンネルがーどまんに学ぶ革命の起こし方【大人のソーシャルメディア学】#01

  3. レイターズが解散へ。メンバー4名はそれぞれ新たな道へ進むことを動画で発表

  4. ゴッドタンとかいう実は今最も流行を発信している怪番組

  5. レペゼン地球のチャンネルを譲り受けたジャスミン、登録者減の逆境に負けず次の一手を打てるか

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。