FUL | おうちガチ勢のための家chillメディア

  1. エンタメコンテンツ

再起を誓うアポロンチャンネルがついにバズる。注目度と同時に謎度が深まりまくる奇才【元サムライベイビー、サイコパスヒデ】に目が離せない

今、Twitter上で話題になっているTiktokの転載動画をご存じだろうか。

転載主は全くの別人だが、動画の最後には「アポロンチャンネル」のクレジットが。

そう、この動画の本来のうp主こそが本記事の主役、「アポロンチャンネル」なのである。

早くから彼らの存在に気づき、彼らがTiktokやTwitter、さらにはYoutubeでこれまで何度か局所的バズを生んできた様子を見守ってきた筆者であるが、謎が多すぎるためか未だにどうもバズり切らない様子に痺れを切らし、今回筆を走らせることを決意した。

正しく日の目を浴びることさえできれば間違いなく時代のスターとして君臨できるだけのポテンシャルを秘める彼らの魅力を記事として世に発信し、彼らがスターダムを登るための一つのきっかけとなれればと思っている。

まずはメンバー構成

(旧メンバー)スマイル岡田

「アポロンチャンネル」の話をするにあたり、言及を避けられないのがこの人物である。

実は「アポロンチャンネル」は元々このスマイル岡田と後述のサイコパスヒデの2名によるグループ「サムライベイベー」として活動していた。

冒頭で紹介したツイートの転載動画も、実は彼ら2名で活動していた頃の過去動画である。

https://twitter.com/apollon3150/status/1141647496373923840

スマイル岡田の脱退理由は明かされていないものの、過去の動画が現在でも閲覧できることから、不仲などとは異なる何らかの個人的事情での脱退であることは予想できる。

(以下現メンバー)サイコパスヒデ

サムライベイビー」時代から現在の「アポロンチャンネル」まで、一貫してメンバーとして矢面に立つのがこのサイコパスヒデである。

サイコパスというよりル○ペン気味な見た目とは裏腹に、非常に芸達者でそのクリエイティビティからいくつもの小バズを生み出している。

冒頭のツイートでも「天才」と称されているが、非常に現代のソーシャルメディアにおける“バズ”という観点においての潜在能力値が高く、今後の活動にあたって楽しみな要素が多い。

彼の才能はYoutube、Tiktok、Twitterなど各SNSで目にすることができる。

因みに、意外と知られていないかもしれないが、サムライベイビー時代からレペゼン地球との親交が深く、過去には2人で「レペゼンダンジョン」にも出演している。

(元動画は削除されている)

特にサイコパスヒデの方はここでも意外な才能を見せつけており、DJ社長とのロン毛対決という名勝負を繰り広げていることは覚えておいていただきたい。

他にも、細かい部分をピックアップした完成度の高いモノマネや

十八番とも言えるミニオン芸

芸の幅はかなり広い。

Pはやと

俳優らしい。

正直知らなすぎる。

顔は面白そうな雰囲気がする男。

サイコパスヒデが新たな相方として選んだ男ということで、期待値も高い。

筆者も彼について多くを把握できているわけではない。

彼の魅力は今後明かされていくはずに違いない。

(若干の相馬トランジスタ感・・・?)

とりあえずはこんな感じである。

 

要約すると

事実上活動停止状態にあった「サムライベイビー」というグループがメンバーを入れ替え、再始動した

一人はめちゃくちゃおもろいロン毛

一人は謎すぎる俳優

現在各種SNS上で最新の動画や過去動画を精力的に発信中

そのうちの一つ、Tiktokから見事に日の目を浴びることに成功し今回のバズを獲得したわけだ。

未だに知名度、市場からの評価は高いとは言えないものの、間違いない才能を秘めるアポロンチャンネル。

日々激しさやバカバカしさが損なわれ、大人しくなりつつある現在のYoutube界に風穴を開け、時代の寵児になることができるのか。

活動再開に心から胸を躍らせた一ファンとして、今後の活動を見守り続けていきたい。

尚、今回は筆者知り得る情報の中でも、公に明かされている部分のみをピックアップしての紹介に留めている。

万が一にでも本記事を本人達に目にして頂き反応を頂けるようなことがあれば、是非次の展開を試みたいと考えている。

筆者と同じく、昔から注目している方、最近知ったけどやたらとハマっている方、反応を頂けると嬉しい。

エンタメコンテンツの最近記事

  1. ハイスクールダンジョン、モンスターや出演者、放送枠など最新情報【Abema TV】

  2. チャンネルがーどまんに学ぶ革命の起こし方【大人のソーシャルメディア学】#01

  3. レイターズが解散へ。メンバー4名はそれぞれ新たな道へ進むことを動画で発表

  4. ゴッドタンとかいう実は今最も流行を発信している怪番組

  5. レペゼン地球のチャンネルを譲り受けたジャスミン、登録者減の逆境に負けず次の一手を打てるか

関連記事