FUL | おうちガチ勢のための家chillメディア

  1. エンタメコンテンツ

ACE COLLECTION(エースコレクション)とかいうYoutube発バンドが時代に合いすぎててどう考えても売れそう

次から次へと天才が発掘されるすごい時代になりましたが、本日もYoutubeを賑わす新星をご紹介していこうと思います。

 

今回紹介するのはACE COLLECTION(エースコレクション)というバンドなのですが、Youtube好きの方の中にこの動画がおすすめに出てきたことがある、という方はいないでしょうか。

世界的超ヒット曲エド・シーランの「Shape of You」のメロディに、日本の超ヒット曲たちを乗せたこのミーハー心くすぐり倒し動画は、2019年3月現在で300万再生を超えるメガヒット動画で彼らの代表作となっています。

しかもこの動画がACE COLLECTIONとしての最初の動画というのですから、才能をビンビンに感じてしまわざるを得ません。

しかもこのアングル・・・

上から撮っているただそれだけなのに、なんかイマドキ感がすごい・・・

曲のアレンジといい、カメラワークといい、センスが光りすぎちゃってミーハーYoutubeユーザーの心をつかんで離さないACE COLLECTIONですが、このところ勢いづいて ENS Entertainment というレーベルにも所属したようです。

彼らの今後の飛躍はレーベル関係者のプロデュース力にもかかっていると言えますから、是非宝の持ち腐れとならないよう気を抜かずに頑張っていただきたいところです。

 

というわけで今回は、彼らエースコレクションのメンバーとおすすめ動画を簡単に紹介していきますので、チャンネル登録するもよし、彼らの奏でる心地よいサウンドをBGMに年度末の忙しさを乗り切るもよし、この記事を共有して彼らの魅力を拡散するもよし、といったところです。

 

メンバー紹介(超簡単に)

Vo. たつや◎

読み方は「たつや」なのか、「たつやにじゅうまる」なのか・・・

意見が犬派猫派ぐらい分かれるところかと思いますが。

個人的にはたくやむげ(略)

 

特徴的な歌声・歌い方でACE COLLECTIONの作品を引っ張っているボーカルのたつや◎さん。

このところ個人で発表した曲「ねえ」も200万近く再生されるなど、上り調子極まりないご様子。

あれだけ歌が上手くてビジュアルもいいと、イッケイケのオラッオラかと思いきや、非常に謙虚でイイやつみが深いところも好感が持てます。

 

Dr. RIKU

経歴的に言ったら一番ブリッブリなのがこちらのドラムのRIKUさん。

なんと幼少期からメディアに出演し知名度のあるドラマーなのです。

今は見れないみたいですが、小学生の時のX-Japan「紅」のカバー動画は500万再生近くを記録し、実際にX-japan Toshiさんとバンドも組むなど、業界では有名な方のようです。

こちらはそんなRIKUさんの高校生の時の映像(ACE COLLECTION加入前)

ACE COLLECTIONの動画内でも、素人の耳にもわかるレベチさを見せつけてくれています。

聴いたら分かる、うまいやつやん!

幼き頃から再び注目され始めた名実伴う「天才ドラマー」の今後の動向には業界全体が熱い視線を送っているようです。

 

Ba. 奏

ベースの奏さんについての詳しい情報を持っていなくて大変恐縮なのですが、彼もまた個人で動画をアップしているようです。

さすがにこれで終わったら失礼ですし、沖縄っぽい濃い顔をされているので出身地を調べようと思いGoogle先生に尋ねたところ、沖縄出身でいらっしゃいました。

見たらわかる濃いぃやつやぁ!

 

Gt. LIKI

LIKIさんについては、個人チャンネルすらみつけられない!

どうしよう!

そう思っていた時に思いついたのがこちらの動画。

コメント欄にも全く同じことを書いている方がいましたが(笑)

0:52 彼のニヤリ顔にやられてしまいました。

クールにギターを弾く彼の一瞬のニヤリ顔。最高です。

彼についても新しい情報が入り次第追記していくとしましょう。

 

最後におすすめ動画たち

元がゆっくりした曲のテンポを上げたアレンジがとてもおすすめです。正直本家よりもイイ(笑)

 

現代日本音楽の王の曲が彼らに合わないはずないよね。

 

カバーばっか見てないでオリジナル曲もみろ!!良いから!!

エンタメコンテンツの最近記事

  1. ハイスクールダンジョン、モンスターや出演者、放送枠など最新情報【Abema TV】

  2. チャンネルがーどまんに学ぶ革命の起こし方【大人のソーシャルメディア学】#01

  3. レイターズが解散へ。メンバー4名はそれぞれ新たな道へ進むことを動画で発表

  4. ゴッドタンとかいう実は今最も流行を発信している怪番組

  5. レペゼン地球のチャンネルを譲り受けたジャスミン、登録者減の逆境に負けず次の一手を打てるか

関連記事